さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年12月02日

札幌交響楽団第614回定期演奏会

11月30日に聴いた札響の定演。
 ポンマーさんが来幌し、得意のドイツ音楽を演奏した。
 メンデルスゾーン 交響曲第5番「宗教改革」
 バッハ        ピアノ協奏曲第1番
 シューマン     交響曲第3番「ライン」
というプログラム。
特筆すべきは、バッハのピアノ協奏曲のソリストマルティン・シュタットフエルトさん。
このピアノ協奏曲は本来チェンバロで演奏されていたと思われるが、ピアノデ、チェンバロの細かなニュアンスを
ピアノで、表現していた。
さらに、アンコールで演奏した、バッハへのオマージュ~ピアノのための12の小品より前奏曲とフーガ~はその卓越した技巧にくわえて、力強さが加わり、今まで聴いたことの無いピアノの音が響いていた。
この作曲も彼がしたものだというから、その才能に驚嘆した。
世界には素晴らしく才能に恵まれた人間がいるものだ。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(音楽)の記事
 札幌交響楽団第606回定期演奏会 (2018-02-01 21:23)
 札幌交響楽団第604回定期演奏会 (2017-10-30 10:28)
 札幌交響楽団第601回定期演奏会 (2017-07-08 08:56)
 大地のショパン 札響名曲シリーズ (2017-07-08 08:38)
 札幌交響楽団第597回定期演奏会 (2017-03-11 08:31)
 札幌交響楽団 名曲シリーズ 雪あかりの物語 (2017-02-05 20:31)

Posted by 北のフクロウ at 10:04│Comments(0)音楽
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
札幌交響楽団第614回定期演奏会
    コメント(0)