さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年10月04日

 リンカーン弁護士 マイクル・コナリー著 講談社文庫

 マイクル・コナリーのマイクル・ハラー刑事弁護士シリーズの初期の作品。
 映画にもなったから、作品としてはこちらの方が有名かもしれない。
 自動車のリンカーンに乗ってカルフォルニア中を走りながら、弁護士活動をする所から、「リンカーン弁護士」の名前がついている。
 事件は売春婦の暴行事件の弁護を依頼された主人公が弁護の過程で真相を知り、有罪な依頼人を心ならずも弁護しなければならなくなる。その最中に自身の調査人の殺人事件の犯人の疑いが掛けられ、ピンチに陥り、最後は犯人に銃で撃たれて負傷してしまう。
 一方の裁判では巧みな弁護術で、新米の検事をたくみに操り、陪審の裁決に至る前に勝利を勝ち取る。このあたりの弁護術は素晴らしいものがあるが、とても正義の味方とはいえない。このあたりが愛情の有無にもかかわらず検事の元妻との離婚した理由であることが、作中に述べられている。
 主人公にナマズと刑事弁護士の違いについて、刑事弁護士は人の不幸を金儲けの道具にしているゲス野郎であるのに対し、ナマズは魚だ、と言わしめている。たしかにこの事件では有罪犯人を無罪にすることで、金を貰う、ゲス野郎というのが当たっている。その過程で無罪の人間を刑事調停で懲役にしていたことが判明する。それが刑を軽くする手段であっても、無罪を信じて裁判に臨んだわけではなかった。
 そこが刑事弁護士の難しい所だ。
 


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(読書)の記事
 検屍官 パトリシア・コーンウエル著 講談社文庫 (2018-12-14 13:22)
  エンジェル・フライト マイクル・コナリー著 扶桑社文庫  (2018-12-10 14:33)
 わが心臓の痛み マイクル・コナリー著 扶桑社 (2018-12-10 14:18)
 死の教訓 ジェフリー・ディーヴァー著 講談社文庫 (2018-12-10 14:01)
 ラスト・コヨーテ マイクル・コナリー著 扶桑社ミステリー (2018-11-30 08:57)
 ナイトホークス マイクル・コナリー著 扶桑社ミステリー (2018-11-30 08:42)

Posted by 北のフクロウ at 17:31│Comments(0)読書
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
 リンカーン弁護士 マイクル・コナリー著 講談社文庫
    コメント(0)