さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年02月07日

暗殺の年輪 藤沢周平著 文春文庫

表題作品は藤沢周平が直木賞を受賞した作品。上役の差し金で敵対する家老を暗殺せざるを得なくなった下級武士の苦悩をテーマにしている。主人公の父親も上司の指示で暗殺未遂を起し、妻女の働きで尾家断絶を免れたという過去を有する。
 藤沢作品によくあるパターンで、その魁となる作品であったろう。多に作品の短編が掲載されているが、どれも良くあるパターンで、結末がすきっとしていないのがどの作品にも共通。この余韻がファンにはたまらないのであろう。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(読書)の記事
 尖閣激突 マイク・メイデン著 角川文庫 (2018-02-07 15:45)
 キャンバス サンティアーゴ・パハーレス著 ヴィレッジブックス (2018-02-07 15:32)
 ノーベルの遺志 リザ・マークルンド著 創元推理文庫 (2018-02-01 21:03)
 名画狩り トマス・ホーヴィンク著 文春文庫゙ (2018-02-01 20:46)
 限界点 ジェフリー・ディーヴァー著 文芸春秋 (2018-01-15 10:53)
 大河の一滴、林住期 五木寛之著  (2018-01-09 09:30)

Posted by 北のフクロウ at 15:54│Comments(0)読書
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
暗殺の年輪 藤沢周平著 文春文庫
    コメント(0)