さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年01月09日

大河の一滴、林住期 五木寛之著 

年末から正月はいろいろ人生を振り返る良い機会となる。
 そんな時期に五木寛之の随想はいろいろ考えるヒントを与えてくれる。
 人間の一生を春夏秋冬(青春、朱夏、白秋、玄冬)あるいは学生期(がくしょうき)、家住期(かじゅうき)、林住期(りんじゅうき)、遊行期の4つに分ける考え方がある。人生100年時代になったからこれを4つに分けると、林住期は51歳から75歳、遊行期は76歳から100歳に該当する。私は今年76歳になるから、めでたく林住期から遊行期に移行する。ここで書かれている林住期のあり方が実践できたかといえば、できていなかったので、これからの遊行期をあたかも林住期のごとく過ごすのでちょうど良いかもしれない。そうすると私の遊行期は100歳以降となる?
 人間は大河の一滴のようなものだ、という言葉はそのとおりだと思う。そう考えると気が楽になる。
 五木さんの本は、肩から力が抜ける感じがするところが良い。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(読書)の記事
 限界点 ジェフリー・ディーヴァー著 文芸春秋 (2018-01-15 10:53)
 チューリングの遺産 ジェームズ・ロリンズ著 竹書房文庫 (2018-01-09 09:04)
 テロリストの回廊 トム・クランシー、ピーターテレップ著 新潮文庫 (2018-01-09 08:45)
 人生の目的 五木寛之著 幻冬舎 (2017-12-25 14:44)
 闇のオディッセー ジョルジュ・シムノン著 河出書房新社 (2017-12-25 14:30)
 白き女神を救え クライブ・カッスラー、ポール・ケンプレコス 新潮 (2017-12-25 14:25)

Posted by 北のフクロウ at 09:30│Comments(0)読書
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大河の一滴、林住期 五木寛之著 
    コメント(0)