さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年12月08日

モナ 聖なる感染 ダン・セールベリ著 小学館文庫

 題名からは何か病原菌の話かと思われるが、実はウイルスはウイルスでもコンピューターウイルスであり、モナはそのウイルスを作り出したハッカーの娘の名前である。その娘はテロリストのクラスター爆弾によって母親もろとも爆死している。その復讐をするためにハッカーがウイルスを発明し、文明社会に撒き散らそうとする。それに対抗するのがこれまたコンピューターの専門家で、BCI(ブレイン・コンピューター・インターフェイス)という最先端のコンピューター技術を研究している。BCIではコンピューターと脳を結びつけて脳疾患の患者の機能をコンピューターで代替できないかという研究をしている。できあがった装置を妻に試した所、たまたまそのコンピューターがウイルスに感染していて、重篤な病気となる。それを助けるべく、ハッカーを探し出し、アンチウイルスプログラムを得ようとする。
 題名からは想像も出来ない最新のコンピューター技術をテーマにしたミステリーであった。
 このようにハッカーが題材となるミステリーが最近多くなってきている。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(読書)の記事
 マネー ロンダリング 橘玲著 幻冬舎 (2018-11-17 19:43)
 4人組がいた。 高村薫著 文芸春秋 (2018-11-17 19:02)
 生贄の山 ティム・ジョンストン著 小学館文庫 (2018-11-17 18:54)
 ザ・ポエット マイクル・コナリー著  扶桑社文庫 (2018-11-17 18:45)
 夜より暗き闇 マイクル・コナリー著 講談社文庫 (2018-11-02 19:24)
 暗い迷宮 ピーター・ラウゼイ著 ハヤカワノベルズ (2018-10-31 10:57)

Posted by 北のフクロウ at 10:00│Comments(0)読書
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
モナ 聖なる感染 ダン・セールベリ著 小学館文庫
    コメント(0)