さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年10月11日

下町ロケtット 池井戸潤著 小学館

池井戸潤が直木賞を取った作品。池井戸作品の特徴が良く出ている。
 中小企業が金融機関や大企業を相手に技術力を持って倒産の危機を回避する。
 ここではロケットエンジンの研究者であった主人公がロケット打ち上げ失敗の責任を取って親の会社の社長になる。
 そこで開発したバルブシステムが大企業の嫌がらせを見事に跳ね除けて、ロケット打ち上げ成功にいたるサクセスストーリーである。
 企業にとって地財戦略が如何に重要化を良く示したものであり、経営に大いに役立つ。
 中小企業の経営者に読んでもらいたい作品である。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(読書)の記事
 暗殺の年輪 藤沢周平著 文春文庫 (2018-02-07 15:54)
 尖閣激突 マイク・メイデン著 角川文庫 (2018-02-07 15:45)
 キャンバス サンティアーゴ・パハーレス著 ヴィレッジブックス (2018-02-07 15:32)
 ノーベルの遺志 リザ・マークルンド著 創元推理文庫 (2018-02-01 21:03)
 名画狩り トマス・ホーヴィンク著 文春文庫゙ (2018-02-01 20:46)
 限界点 ジェフリー・ディーヴァー著 文芸春秋 (2018-01-15 10:53)

Posted by 北のフクロウ at 10:05│Comments(0)読書
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
下町ロケtット 池井戸潤著 小学館
    コメント(0)