さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年05月10日

震える山 C.Jボックス著 講談社文庫

 ボックスのジョー・ビケットシリーズの第4弾。
 猟区管理管が謎の自殺をした事件の真相を代理猟区管理管に任命されたジョー・ビケットが解決する。頑固で正義感にあふれる主人公の面目躍如たる活躍で、益々ジョーが好きになった。自然保護と開発のテーマがここでも出て来る。作者にとっては自然を愛する人間として、開発者を悪者としている。ジョーはブルー・ヘブンの主人公と共通する性格のようだ。


同じカテゴリー(読書)の記事
 ソウル・コレクター ジェフリー・ディーヴァー著 文芸春秋 (2017-08-13 10:36)
 心理学的にありえない アダム・ファウラー著 文芸春秋 (2017-08-13 10:21)
 イブの迷宮 ジェームズ・ロリング著 竹書房 (2017-07-24 22:08)
 ウォッチメイカー ジェフリー・ディーバー著 文芸春秋 (2017-07-24 21:50)
 大諜報 クライブ・カッスラー著 フソウ社ミステリー (2017-07-07 14:08)
 時限紙幣 ロジャー・ホッブス著 文芸春秋 (2017-07-07 13:57)

Posted by 北のフクロウ at 08:51│Comments(0)読書
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
震える山 C.Jボックス著 講談社文庫
    コメント(0)