さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年02月16日

エルサレムから来た悪魔 アリアナ・フランクリン著 創元推理

 12世紀のケンブリッジはかくも田舎であったか。
  時に十字軍がエルサレムの巡礼者をイスラム教徒から守るために、中東に遠征した。
  キリスト教の教会の力が強く、それに対抗する王もさほど力が無かった。
  ケンブリッジで幼児の惨殺事件がおき、ユダヤ人が犯人とされる。
  その事態を解決するために、イングランド王は旧知のシチリア国王に調査員を依頼する。
  そこで、指名されたのが、ナポリの調査官と検視に優れた女医者(解剖等によって死因を判断できる医者)を派遣する。
  医学はイスラム諸国のほうが進んでおり、シチリア王国下にあるサレルノ大学で医師となり、検視医者のアデリアを派遣する。
  彼女の働きで、事件は見事に解決するが、逆に犯人側からは宗教裁判で、修道女から逆に訴えられる。
  このあたりが中世のイングランドの様子をうかがうことが出来て、面白い。
  恐らくエリス・ピータースノミステリー「修道士カドフェル」の生きていた時代に近いのではないか。カドフエルの場合はヘンリー1世死後の混乱したイングランドであり、アデリアの時代はヘンリー2世であった。
 この小説もアデリアを主人公にして、シリーズ化されているようである。


同じカテゴリー(読書)の記事
 狂信者の黙示録 ダグ・リチャードソン著 創元推理文庫 (2017-03-27 20:13)
 アーサー王の墓所の夢 アリアナ・フランクリン著 創元 (2017-03-19 09:23)
 7月の暗殺者 ゴードン・スティーブンス著  (2017-03-13 08:44)
 書店猫ハムレットの跳躍 アリ・ブランドン著 創元推理 (2017-03-11 08:59)
 沈黙の3日間 フランク・シェッツィング著 早川書房 (2017-03-11 08:54)
 ダンテ・クラブ マシュー・パール著 新潮社 (2017-02-27 08:47)

Posted by 北のフクロウ at 18:45│Comments(0)読書
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
エルサレムから来た悪魔 アリアナ・フランクリン著 創元推理
    コメント(0)