さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年10月04日

 リンカーン弁護士 マイクル・コナリー著 講談社文庫

 マイクル・コナリーのマイクル・ハラー刑事弁護士シリーズの初期の作品。
 映画にもなったから、作品としてはこちらの方が有名かもしれない。
 自動車のリンカーンに乗ってカルフォルニア中を走りながら、弁護士活動をする所から、「リンカーン弁護士」の名前がついている。
 事件は売春婦の暴行事件の弁護を依頼された主人公が弁護の過程で真相を知り、有罪な依頼人を心ならずも弁護しなければならなくなる。その最中に自身の調査人の殺人事件の犯人の疑いが掛けられ、ピンチに陥り、最後は犯人に銃で撃たれて負傷してしまう。
 一方の裁判では巧みな弁護術で、新米の検事をたくみに操り、陪審の裁決に至る前に勝利を勝ち取る。このあたりの弁護術は素晴らしいものがあるが、とても正義の味方とはいえない。このあたりが愛情の有無にもかかわらず検事の元妻との離婚した理由であることが、作中に述べられている。
 主人公にナマズと刑事弁護士の違いについて、刑事弁護士は人の不幸を金儲けの道具にしているゲス野郎であるのに対し、ナマズは魚だ、と言わしめている。たしかにこの事件では有罪犯人を無罪にすることで、金を貰う、ゲス野郎というのが当たっている。その過程で無罪の人間を刑事調停で懲役にしていたことが判明する。それが刑を軽くする手段であっても、無罪を信じて裁判に臨んだわけではなかった。
 そこが刑事弁護士の難しい所だ。
   


Posted by 北のフクロウ at 17:31Comments(0)読書

2018年10月04日

ブラックボックス マイクル・コナリー著 講談社文庫

 「転落の街」に続くブッシュシリーズ作品。
 相変わらず、官僚主義を嫌い、独断行動で事件解決を図る。一匹狼が好ましい。
 上司としてはこれほど扱いづらい部下はいないだろう。
 20年前の事件を解決するためには、これほど執念を持って取り組まなければならないのだろう。
 ロスの暴動事件中に起きたデンマーク人の女性写真記者の殺人事件。弾道とピストルの追求から、意外な方向に事件が発展する。
 この展開の意外性が、作者の魅力である。
 捜査さなかに内部監察への摘発を受ける。この告発者が意外な人物で、内部監察員がボッシュの窮地を救う。
 このあたりの人物配置は憎いほどうまい。  


Posted by 北のフクロウ at 16:57Comments(0)読書

2018年10月04日

熊と踊れ ルースルンド&トゥンベリ著 ハヤカワ書房

 ネーミングが秀逸である。
 話は銀行強盗をし、その成功と破綻の物語であるが、親との確執が根底にある。
 熊との踊り方を教えたのも父親であり、銀行強盗が失敗したのも親のためであり、親子の関係が目を離せない。
 幾ばくかの成功は類稀な長男の計画力にあるが、成功の中に破綻する兆候が示されていて、読むものにいつ失敗するかはらはらさせるところが、作者の技量か?
 北欧ミステリーらしい重厚な語り口に引き込まれる。
 スエーデンのような知的な国民にも銀行強盗のような犯罪があるんだ、と変に納得しながら読んだ。  


Posted by 北のフクロウ at 16:43Comments(0)読書

2018年09月15日

ザ・キー サイモン・トイン著 アルフア・ポリス

 しばらくマイクル・コナリーばかり読んでいたので、少し食傷気味になっていた所、図書館でこの「キー」を見つけた。
 前に読んだ「サンクトウス」の続編で、3部作の2作目になる。
 キリスト教の原点に迫る秘密であるが、正直本当かどうかというと、あまり真実性は感じられない。
 舞台となるトルコのルインというところを良く知らなかったし、エデンの園がイラクの砂漠の中にあったという仮説も本当かなと疑ってしまう。
 ローマカソリック教の本山バチカン市国が財政難であるというのはありうるかなと思う。
 3部作の最終章「タワー」がどんな展開となるかは非常に興味がある。まだ翻訳本は出ていないようだが・・・・・。  


Posted by 北のフクロウ at 09:14Comments(0)読書

2018年09月15日

判決破棄 マイクル・コナリー著 講談社文庫

マイクル・コナリーのリンカーン弁護士シリーズ第3作であるが、ハリー・ボッシュも重要な役割を果たし、協力2大主役の競演作といえる。
 しかも弁護士のミッキー・ハラーが弁護士ではなく、特別検事として裁判に登場する。正義の味方としては検事の方が相応しいようだ。
 それにしても、ロスアンジェルスというところは犯罪のスケールといい、数といい、桁が違う。犯人の凶悪度も桁違いで、頭もいい。
 この犯人も20数年間の投獄生活後、最高裁で再審の結果を勝ち取る。DNA鑑定が裁判の証拠の争点となる。
 この推理が素晴らしいが、犯人が最後に自滅するので、やれやれだが、裁判は検事側の敗北となる。
 それにしてもアメリカの陪審員裁判はどうも納得がいかない点が多い。  


Posted by 北のフクロウ at 09:01Comments(0)読書

2018年09月08日

転落の街 マイクル・コナリー著 講談社文庫

マイクル・コナリーのハリー・ボッシュシリーズ。第15作目。
 ハリー・ボッシュも60歳になり、定年延長選択制度(DROP)の対象となる。
 そこで、永年未解決であった事件が一滴の血痕(DROP)によって、進展を見せ、その解決に当たる。
 一方で市会議員から自分の息子のホテルからの転落(DROP)事件の解決を指名される。
 DROPをキーワードにするミステリーで、二つの事件が並行的に進行し、警察と市会議員の政治的な駆け引きが絡む。
 剛直なハリー・ボッシュは政治的な動きに惑わされず、冷徹な推理力で真実に迫る。
 ホテルから落下した死体の腕の骨折が何に起因したかの疑問は読後でもスッキリしない。事故か殺人かの決め手になっているように思うのだが・・・・・。娘とのやり取りが救いとなる。  


Posted by 北のフクロウ at 13:24Comments(0)読書

2018年09月08日

ナイン・ドラゴンズ マイクル・コナリー著 講談社文庫

 マイクル・コナリーのハリー・ボッシュシリーズ。14冊目。
 今回は娘の誘拐事件で舞台を香港に移し、救出に派手な活躍をする。その過程で元妻を銃撃で喪ってしまうが、悲劇的な色合いの強いハリー・ボッシュでも一段と悲劇性が強い。しかも衝撃的な誘拐の原因が明らかにされる。
   


Posted by 北のフクロウ at 13:09Comments(0)読書

2018年09月04日

スケアクロウ マイクル・コナリー著 講談社文庫

 マイクル・コナーズの第3のシリーズともいうべき新聞記者のジャック・マカヴォイが主人公で、FBI捜査官レイチェル・ウォリングが登場する。
 ジャック・マカヴォイは「真鍮の評決」でロスアンゼルスタイムズの記者として登場しているが、ここではリストラの対象となり、期限を切られて退職勧奨される。辞める前に無実の事件を証明しようとするが意外な展開をみせる。ウエスタン・データコンサルタントという機密保持を売り物とするサーバー会社が出てくるのが、いかにもアメリカらしい。データを扱う会社に犯罪者が紛れ込むとどうなるか、恐ろしい話である。
 スケアクロウは案山子で、データ保護の監視者の意味で使われているが、とんだ案山子があったものだ。
 アメリカの新聞社はネットの普及に伴い、経営の危機にあるというが、その実態を小説の背景に用いている。
 トランプ政権になって一層その感を深くした。  


Posted by 北のフクロウ at 16:40Comments(0)読書

2018年09月04日

真鍮の評決 マイクル・コナリー著 講談社文庫

 マイクル・コナリーにはまっている。
 マイクル・コナリーにはハリー・ボッシュシリーズのほかにマイクル・ハラー弁護士のシリーズがあり、「リンカーン弁護士」というタイトルで映画にもなった。リンカーン弁護士というのは人名ではなく、事務所を持たず、乗用車のリンカーンを事務所とする弁護士という意味で、経費のかからない弁護士を意味する。
 裁判が絡む小説はなかなか理解に苦しむ所がある。特に米英の陪審員制度は合理的なのかどうか。
 ここでも陪審員の選定を巡って弁護士と検察側の忌避を巡ってのやり取りがある。自分の側の陪審員を選ぶことが、裁判の勝負を決する。
 何が正義かは問題でない。被害者が白人で、加害者が黒人の場合、人種問題が絡むから厄介である。ここではスリーパーの陪審員が問題となる。それを被告側が計画し、それを弁護士が知らないとなると最悪だ。  


Posted by 北のフクロウ at 16:26Comments(0)読書

2018年08月25日

モーセの災い ジュームズ・ロリンズ著 竹書房文庫

ジェームズロリンズのシグマフォースシリーズ12作目に当たる。
 このシリーズは歴史と最新の科学技術が融合して、独特の魅力を持っている。
 今回の歴史は旧約聖書のモーゼの10の災いを科学的に説明しようとする。そこに古細菌という新事実を持ってきたところがジュームズ・ロリンズ的なところだ。リビングストンとスタンレーといったアフリカ探検の主役が出てくるし、エジソンを越える発明家といわれるニコラ・テスラのアイデアが重要な役割を果たす。地球温暖化に終止符を打ち、地球を救う科学技術というアイデァである。実験は失敗に終わるがそんな技術が今求められている時代である。  


Posted by 北のフクロウ at 13:56Comments(0)読書

2018年08月25日

エコーパーク マイクル・コナリー著 講談社文庫

  ボッシュシリーズでは12作目となる。ここでは刑事に復職している。
  連続殺人事件の犯人が永年ボッシュが求めていた殺人事件の犯人であることを自供し、現場検証のときに、犯人の逃亡を許すことになる。ボッシュはどうしても彼の求める殺人事件の犯人とは思えず、検事や弁護士が仕組んだでっち上げだと思うようになる。
 しかしそこには意外な真犯人がいた。
 真犯人が二転三転して、最後まで目が離せない。  


Posted by 北のフクロウ at 13:26Comments(0)読書

2018年08月25日

暗く聖なる夜 マイクル・コナリー著 講談社文庫

 マイクル・コナリーにはまったようだ。
 ハリー・ボッシュシリーズは20冊くらいあるようだが、個性的な警察小説であり、その一冊一冊が良くできていて、飽きさせない。
 飽きないどころか、はまり込んでしまう。
 「暗く聖なる夜」はシリーズ9作目。どういうわけかボッシュは刑事をやめ、私立探偵もどきをやっている。そこで頼まれた映画会社の社員の殺人事件と映画で使おうとした200万ドルの新札盗難事件を調査する。
 意外な所に犯人がいるが、ネタばれになるので、ここでは触れない。
 単純なハードボイルドではないし、ミステリーでもない。
 このシリーズはボッシュの魅力もあるが、ミステリーとしても優れていると思う。  


Posted by 北のフクロウ at 13:13Comments(0)読書

2018年08月14日

死角―オーバールック マイクル・コナリー著 講談社文庫 

 セシウム放射性物質の盗難殺人事件をめぐるFBIとロスアンジェルス警察の確執が話の主題となっている。
 セシウム放射性物質を用いた大量テロが背景にあるかのような展開であるが、動機が意外な所にあって、犯人も拍子抜けするほど身近にいた。テンポがよく最後まで読ませるのは作者の力量か。ハリー・ボッシュを主人公とするシリーズで、前後の作品を読まないと良く分からない所があるが、そこそこ楽しめる。  


Posted by 北のフクロウ at 16:54Comments(0)読書

2018年08月14日

 贋作に明日はない ヘイリー・リンド著 創元推理文庫

 ヘイリー・リンドの「贋作とともにさりぬ」に続くアニー・キンケイドを主人公とするシリーズ第二作。
 第3作目が「暗くなるまで贋作を」というタイトルで、いずれも映画の題名をもじっている。
 贋作画家を祖父に持つ主人公アニーは擬似塗装師でありながら、真作と贋作の判別に非凡な眼を持っている。
 ここでもシャガールやフエルメールの贋作、真作が出てくる。美術品泥棒と美術品の運送業者社長との三角関係があり、アニーの気持ちが揺れる。
 作者は女性と思われるが、ファッションや同性愛など周囲の人間を巡る描写がわずらわしくなかなか本題の殺人事件が進まない。
 最後はどうってことのない犯人がわかって、めでたしめでたしであるが、よんでいて話の進展がおそくいらいらさせられた。  


Posted by 北のフクロウ at 16:40Comments(0)読書

2018年08月14日

死線のサハラ ダニエル・シルヴァ著 ハーバーブック

  国際情報合戦の一種のスパイ小説。
  各国の情報機関のせめぎあいが見所。
  ISの黒幕がモロッコの麻薬ハシシの密輸業者を介して武器を入手している。ISの黒幕はサラディンという名前であることは分かっているが、その存在をつかむ為に密輸ルートを解明して、サラディンを暗殺しなければならない。その計画をイスラエルの諜報機関オフイスの長官が筋書きを書き、イギリス、フランス、アメリカの諜報機関がそれぞれの思惑を持って協力関係を結ぶ。フランス側の密輸の元締めにはフランスの機関が良い働きをする。MI6のスパイがイスラエルの女スパイとともに、フランスの元締めのあぶり出しに名演技をする。
  麻薬と武器密輸というのはテロ組織の定番になっているようだ。
  近年の国際情勢をよく反映して最新の知識が得られる小説だ。
  テンポがよく一気に読んだ。  


Posted by 北のフクロウ at 16:24Comments(0)読書

2018年08月07日

喧嘩の勝ち方 佐高信 佐藤優 光文社

 二人の対談。佐藤優のいう喧嘩の勝ち方5つの法則とは下記のとおり。
1 他人の固有性を尊重し、不必要な喧嘩はしない。
2 喧嘩をする対象を慎重に特定する。そして、標的を定めたら相手の殲滅を目指して徹底的に闘う。妥協や和解は一切しない。
3 自分が殲滅されそうになったら逃げる。そして時間を掛けて必ず復讐する。
4 自分より客観的に見て弱いものに対して喧嘩を売らない。
5 喧嘩の最終的な審判者は、神であるということを忘れない。
 このような考え方で喧嘩を売られた者はたまらないであろう。
 ビートたけし、曽野綾子、佐藤よしのり、猪瀬直樹らである。特に猪瀬直樹は問題を起して退陣する前に徹底的に喧嘩を売られている。
 猪瀬の欺瞞性を証明したようなものだ。
 特定秘密保護法の怖さを協調していたのが印象的。
 安倍総理を軽く見ていると段々力がついて制御不能になる、という予言は昨今の総裁選挙の動向を見ると真実味を帯びてきた。  


Posted by 北のフクロウ at 09:04Comments(0)読書

2018年08月07日

ブリリアンスー超能ゲームーマーカス・シキー著 ハヤカワ書房

 人類の中には超能力を有するものがいる。
 これに気付いた普通人は超能者を排除しようという動きが出てくる。
 必定超能者は反発して、反乱を起す。
 超能者は株式市場を支配し、資金力を駆使してアメリカ領土の一部を超能力者の土地とし、支配する。
 一部の超能力者はテロリストとなり、社会を恐怖に陥れる。
 それを追求するのも超能力者のFBI捜査官である。そのテロリストを追及するためには、並みの手段では出来ない。
 相手はこちらの追及の先を読む能力を有しているからだ。
 ということで、虚々実々の駆け引きがこの小説の読みどころである。
 考えてみると現実社会も一握りの超能力者によって大いに影響を受けている。文明の進歩は超能力者によって成し遂げられたといっても過言でない。
 超能力者か普通人かの区別が付きにくい所が問題だが、峻別して社会が管理する社会は恐らく息苦しいものになるだろう。
 やはり混在した社会が良い。  


Posted by 北のフクロウ at 08:43Comments(0)読書

2018年07月22日

パーフエクトライフ マイク・スチュアート著 創元推理文庫

 題名と小説の中身がこれほど違うのも珍しい。原題がそうなので、仕方が無いといってしまえば、それまでだが・・・。
 とんでもない看護師のたくらみで、殺人事件の犯人にでっち上げられ、追われる立場になる。その主人公を助ける黒人ジャズマンや病院のIT担当者がいるのが救い。コンピューターハッカーの悪者と協力者がいて、協力者も異常人格と描かれていて、ハッキングする人物像は作家のよい対象のようだ。精神科の医師を目指す大学院生が見つけた人生がパーフエクトライフということらしいが、良い伴侶を見つけたというのが、救い。  


Posted by 北のフクロウ at 16:34Comments(0)読書

2018年07月22日

緋の天空 葉室麟著 集英社

葉室麟が天平時代の光明子を主人公に時代小説の枠を江戸時代から広げた。
 天平時代は人間性が江戸時代と違って伸び伸びとしていて、小説家にとって書きやすいのかもしれない。
 天皇も長子相続と定まっていないだけに、皇族間で争いが絶えず、ドロドロとした争いがある。
 天平時代は女性天皇が多数輩出した時代である。現代は女帝が認められないが、この男女同権の時代にそぐわないのではと思う。
 光明皇后は聖武天皇を助け、悲田院や施薬院を創設した人物として知られているが、その人物像は魅力的である。
 ただこの時代の人名の読みは難しく、なかなか頭に入らない。人名に漢字を当てはめたためだろうか?膳夫と書いて、「かしわで」と読ませるのはどこから来たのか?理解に苦しむ。  


Posted by 北のフクロウ at 16:18Comments(0)読書

2018年07月22日

哀国者 グレッグ・ルッカ著 講談社文庫

 グレッグ・ルッカの「逸脱者」の続き。ボディガードであったコディアックがドラマとともに、追われる立場になり、その相手が国という大きな相手になる。その過程で、良き同士であったナタリーを失ってしまう。非情な作家で、味方や、よき友人、同士といった人物を敵の手によって殺させてしまう。その過程で、ボデイガードから暗殺者に主人公の立場が代わってきたようだ。  


Posted by 北のフクロウ at 16:00Comments(0)