さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2018年08月14日

死角―オーバールック マイクル・コナリー著 講談社文庫 

 セシウム放射性物質の盗難殺人事件をめぐるFBIとロスアンジェルス警察の確執が話の主題となっている。
 セシウム放射性物質を用いた大量テロが背景にあるかのような展開であるが、動機が意外な所にあって、犯人も拍子抜けするほど身近にいた。テンポがよく最後まで読ませるのは作者の力量か。ハリー・ボッシュを主人公とするシリーズで、前後の作品を読まないと良く分からない所があるが、そこそこ楽しめる。  


Posted by 北のフクロウ at 16:54Comments(0)読書

2018年08月14日

 贋作に明日はない ヘイリー・リンド著 創元推理文庫

 ヘイリー・リンドの「贋作とともにさりぬ」に続くアニー・キンケイドを主人公とするシリーズ第二作。
 第3作目が「暗くなるまで贋作を」というタイトルで、いずれも映画の題名をもじっている。
 贋作画家を祖父に持つ主人公アニーは擬似塗装師でありながら、真作と贋作の判別に非凡な眼を持っている。
 ここでもシャガールやフエルメールの贋作、真作が出てくる。美術品泥棒と美術品の運送業者社長との三角関係があり、アニーの気持ちが揺れる。
 作者は女性と思われるが、ファッションや同性愛など周囲の人間を巡る描写がわずらわしくなかなか本題の殺人事件が進まない。
 最後はどうってことのない犯人がわかって、めでたしめでたしであるが、よんでいて話の進展がおそくいらいらさせられた。  


Posted by 北のフクロウ at 16:40Comments(0)読書

2018年08月14日

死線のサハラ ダニエル・シルヴァ著 ハーバーブック

  国際情報合戦の一種のスパイ小説。
  各国の情報機関のせめぎあいが見所。
  ISの黒幕がモロッコの麻薬ハシシの密輸業者を介して武器を入手している。ISの黒幕はサラディンという名前であることは分かっているが、その存在をつかむ為に密輸ルートを解明して、サラディンを暗殺しなければならない。その計画をイスラエルの諜報機関オフイスの長官が筋書きを書き、イギリス、フランス、アメリカの諜報機関がそれぞれの思惑を持って協力関係を結ぶ。フランス側の密輸の元締めにはフランスの機関が良い働きをする。MI6のスパイがイスラエルの女スパイとともに、フランスの元締めのあぶり出しに名演技をする。
  麻薬と武器密輸というのはテロ組織の定番になっているようだ。
  近年の国際情勢をよく反映して最新の知識が得られる小説だ。
  テンポがよく一気に読んだ。  


Posted by 北のフクロウ at 16:24Comments(0)読書

2018年08月07日

喧嘩の勝ち方 佐高信 佐藤優 光文社

 二人の対談。佐藤優のいう喧嘩の勝ち方5つの法則とは下記のとおり。
1 他人の固有性を尊重し、不必要な喧嘩はしない。
2 喧嘩をする対象を慎重に特定する。そして、標的を定めたら相手の殲滅を目指して徹底的に闘う。妥協や和解は一切しない。
3 自分が殲滅されそうになったら逃げる。そして時間を掛けて必ず復讐する。
4 自分より客観的に見て弱いものに対して喧嘩を売らない。
5 喧嘩の最終的な審判者は、神であるということを忘れない。
 このような考え方で喧嘩を売られた者はたまらないであろう。
 ビートたけし、曽野綾子、佐藤よしのり、猪瀬直樹らである。特に猪瀬直樹は問題を起して退陣する前に徹底的に喧嘩を売られている。
 猪瀬の欺瞞性を証明したようなものだ。
 特定秘密保護法の怖さを協調していたのが印象的。
 安倍総理を軽く見ていると段々力がついて制御不能になる、という予言は昨今の総裁選挙の動向を見ると真実味を帯びてきた。  


Posted by 北のフクロウ at 09:04Comments(0)読書

2018年08月07日

ブリリアンスー超能ゲームーマーカス・シキー著 ハヤカワ書房

 人類の中には超能力を有するものがいる。
 これに気付いた普通人は超能者を排除しようという動きが出てくる。
 必定超能者は反発して、反乱を起す。
 超能者は株式市場を支配し、資金力を駆使してアメリカ領土の一部を超能力者の土地とし、支配する。
 一部の超能力者はテロリストとなり、社会を恐怖に陥れる。
 それを追求するのも超能力者のFBI捜査官である。そのテロリストを追及するためには、並みの手段では出来ない。
 相手はこちらの追及の先を読む能力を有しているからだ。
 ということで、虚々実々の駆け引きがこの小説の読みどころである。
 考えてみると現実社会も一握りの超能力者によって大いに影響を受けている。文明の進歩は超能力者によって成し遂げられたといっても過言でない。
 超能力者か普通人かの区別が付きにくい所が問題だが、峻別して社会が管理する社会は恐らく息苦しいものになるだろう。
 やはり混在した社会が良い。  


Posted by 北のフクロウ at 08:43Comments(0)読書

2018年07月22日

パーフエクトライフ マイク・スチュアート著 創元推理文庫

 題名と小説の中身がこれほど違うのも珍しい。原題がそうなので、仕方が無いといってしまえば、それまでだが・・・。
 とんでもない看護師のたくらみで、殺人事件の犯人にでっち上げられ、追われる立場になる。その主人公を助ける黒人ジャズマンや病院のIT担当者がいるのが救い。コンピューターハッカーの悪者と協力者がいて、協力者も異常人格と描かれていて、ハッキングする人物像は作家のよい対象のようだ。精神科の医師を目指す大学院生が見つけた人生がパーフエクトライフということらしいが、良い伴侶を見つけたというのが、救い。  


Posted by 北のフクロウ at 16:34Comments(0)読書

2018年07月22日

緋の天空 葉室麟著 集英社

葉室麟が天平時代の光明子を主人公に時代小説の枠を江戸時代から広げた。
 天平時代は人間性が江戸時代と違って伸び伸びとしていて、小説家にとって書きやすいのかもしれない。
 天皇も長子相続と定まっていないだけに、皇族間で争いが絶えず、ドロドロとした争いがある。
 天平時代は女性天皇が多数輩出した時代である。現代は女帝が認められないが、この男女同権の時代にそぐわないのではと思う。
 光明皇后は聖武天皇を助け、悲田院や施薬院を創設した人物として知られているが、その人物像は魅力的である。
 ただこの時代の人名の読みは難しく、なかなか頭に入らない。人名に漢字を当てはめたためだろうか?膳夫と書いて、「かしわで」と読ませるのはどこから来たのか?理解に苦しむ。  


Posted by 北のフクロウ at 16:18Comments(0)読書

2018年07月22日

哀国者 グレッグ・ルッカ著 講談社文庫

 グレッグ・ルッカの「逸脱者」の続き。ボディガードであったコディアックがドラマとともに、追われる立場になり、その相手が国という大きな相手になる。その過程で、良き同士であったナタリーを失ってしまう。非情な作家で、味方や、よき友人、同士といった人物を敵の手によって殺させてしまう。その過程で、ボデイガードから暗殺者に主人公の立場が代わってきたようだ。  


Posted by 北のフクロウ at 16:00Comments(0)

2018年07月13日

逸脱者 グレッグ・レッカ著 講談社文庫

 グレッグ・ルッカのアティカス・コディアックを主人公とするボディガードのシリーズ。
 前作「暗殺者」で主人公を襲った暗殺者ドラマをこの「逸脱者」では警護対象者として、ボデイガードする。
 ドラマが別の暗殺者から狙われることが明らかになり、ドラマが巧妙な手口でコディアックがボディガードをせざるを得ないように仕向ける。
 暗殺者とボディガードとの奇妙な関係は今後どのような展開をするかが興味がある。  


Posted by 北のフクロウ at 14:22Comments(0)読書

2018年07月13日

神座す山の物語 浅田次郎著 双葉社

 奥多摩にある御嶽山(御岳山)にある神社を舞台とする連作である。
 浅田次郎お得意の霊のまつわる怪しげな物語が書かれている。
 ありえない話を、ありえるように読ませるのが、浅田次郎という小説家の腕であろう。  


Posted by 北のフクロウ at 14:14Comments(0)読書

2018年07月13日

神座す山の物語 浅田次郎著 双葉社

 奥多摩にある御嶽山(御岳山)にある神社を舞台とする連作である。
 浅田次郎お得意の霊のまつわる怪しげな物語が書かれている。
 ありえない話を、ありえるように読ませるのが、浅田次郎という小説家の腕であろう。  


Posted by 北のフクロウ at 14:13Comments(0)読書

2018年07月13日

春雷 葉室麟著 祥伝社

 葉室麟氏は最近なくなった。
 彼の作品に羽根藩3部作といわれる小説があって、この作品はその3作目に当たる。
 「蜩の記」が第1作、「海鳴り」が2作目、そして、本作が3作目である。
 いずれも自分の信念に基づいて、窮屈な生き方をする主人公が出てくる。
 この「春雷」でも鬼といわれるほど、藩の財政再建に努める多門隼人が出てくる。
 そのかたくななまでの生き方は、主君の馬に蹴られて死んだ娘と、流産したお腹の子供の恨みを彼なりに行き方で晴らそうという動機がある。藩財政を再建するための沼地の干拓事業も彼なりの生き様である。
 このような生き方はなかなか真似が出来ない。それだけに魅力があるのだろう。  


Posted by 北のフクロウ at 13:46Comments(0)読書

2018年07月06日

暗殺者 グレッグ・ルッカ著 講談社文庫

 グレッグ・ルッカのパーソナルセキュリティコンサルタント(いわゆるボディガード)のアティカス・コディアックを主人公とするシリーズ第3作である。前に2作目の奪回者を読んで、次の暗殺者を読んでみた。ジョン・ドゥという正体不明の暗殺者の手から、裁判の証言録取の証人を守るボデイガードの活躍を描いている。タバコ被害の裁判の証人というところが時代性を表している。  


Posted by 北のフクロウ at 13:53Comments(0)読書

2018年07月06日

闇のしもべ イモジェン・ロバートスン著 創元推理文庫

英国式犯罪解剖学シリーズの第1作に相当する。ここで、提督夫人と解剖学者のコンビが誕生する事情が明らかになる。
 隣家のソーンリー家におきた殺人事件と、その旧家の忌まわしい過去が二人の努力で明らかになる。
 次作の「亡国の薔薇」を先に読んでその時代考証力に感心したが、ここでも1780年におきたゴードン騒動が背景にあって、カソリック教徒やユダヤ人がプロテスタントに襲われる事件が起きた。宗教上の争いはいつの時代も起き得る物であって、旧くて新しい問題である。  


Posted by 北のフクロウ at 13:43Comments(0)読書

2018年07月06日

晩夏の墜落 ノア・ホーリー著 ハヤカワ文庫

 プライベートジェット機の墜落事故で、奇跡的に画家と子供の二人が助かった。
 その原因について、様々な推測がなされた。また画家に対してもマスコミがしつこく追求した。
 その中で搭乗者の一人がテロリスト国家のマネーロンダリングを不正に行って、巨利を得ていたり、ニュース番組のテレビ局で、看板ニュースキャスターが電話盗聴を行ったり、いろいろ不正が明らかになってくる。
 大きな社会問題が原因かと思っていたら、意外な所に墜落の原因があったことが最後に明らかになる。
 もっと大きなことが、原因かと思って読んでいたら、こんなつまらないことが原因だったのかと、肩透かしを食った気分になる。
 いろいろなエピソードが入り組んでいて、最後まで読ませるところが、著者の力なのだろう。期待が大きかっただけに、だまされたような感がある。これがアメリカ探偵作家クラブ賞の最優秀長編賞受賞作か?  


Posted by 北のフクロウ at 13:22Comments(0)読書

2018年06月16日

戦慄の魔薬(タイフーン)を撲滅せよ クライブ・カッスラー著

 この本はクライブ・カッスラーとボイド・モリソンの共著によるファン・カプリーヨシリーズの台10作目になるという。
 コーポレーション社という民間組織でアメリカが表に出ることの出来ない諸悪の撲滅を行う。
 今回はアメリカがコレヒドール島で密かに開発したステロイドホルモンを巡るフィリピンにテロ共産主義組織との攻防で
ステロイドホルモンで強化された武力組織は脅威である。少々の傷ではびくともしない肉体をタイフーンというステロイドホルモンが可能にした。スポーツ選手が薬物に手を出すことと〃理屈である。戦時中兵士が死を怖れずに戦うことを目的に開発されたという。
   


Posted by 北のフクロウ at 13:58Comments(0)読書

2018年06月16日

日本人のための尖閣諸島史 斎藤通彦著 双葉新書

  尖閣諸島はいったい歴史的に見てどこに帰属するのか?専門家は〃見ているのか?
  これを知りたくて探したら、この本にであった。
 これを読む限り、中国が領有権を主張するには無理があるように思われる。
 しかし覇権主義の中国を押しとどめるためには対抗する軍事力を持たなければ、難しいとも思われる。
 昨今の南シナ海での中国の挙動をみると、その感を深くする。
 国際司法裁判所の裁定を無視して、軍事基地を建設しても、それを押しとどめる力は国際的に無い。
 北朝鮮のように国連の決議で中国を経済封鎖するのは、中国が反対するから出来ない。
 武力的にも無理だ。
 現実的には米中が太平洋を二分して勢力化に置く、というところで妥協が成立しかねない。
 尖閣はどうか。日米安保協定があるから、大丈夫だろうというが、アメリカが中国に対抗して、尖閣でことを構えることは期待できない。
 アメリカは中国との経済関係を良好に保つことを優先して、尖閣は生還するのではないか?
 いつまでも両国に領有問題はないとして、日本政府は静観していて良いのか?少なくとも中国軍に海上保安庁の船で対抗することには限界があるのではないか?  


Posted by 北のフクロウ at 13:45Comments(0)読書

2018年06月16日

日本核武装 高嶋哲夫著 幻冬舎文庫

日本の防衛をどうするか?この重いテーマを高嶋哲夫は真っ向から取り上げた。
 一つの回答が日本の核武装である。
 尖閣諸島を巡っては中号区が領有権を主張してして、隙あらば実行支配しようとしている。
 まず漁民を上陸させ、それを海上保安庁が排除しようとしたら、中国が漁民保護を理由に軍隊を派遣する。
 対抗上日本も自衛隊を派遣することになるが、武力衝突が避けられず、日中との戦争が始まる。
 その際米軍は安保条約を守って、日本の側に着くか、それとも領有問題は当事国の問題として、静観するか。
 尖閣諸島の問題は目を離せないが、国民はともすると、何事も起こらないことを願って、不作為を決め込んでいるようだ。
 昨今の南シナ海での中国の挙動を見ると、東シナ海も予断を許さない。
 安倍政権は安保関連法案を無理やり通したが、一朝事が起きた際にはこれでも不十分と思われる。
 日本が核武装することは、各不拡散の国際条約順守の建前から許されないが、もしも日本が核武装したら、あるいは核武装する能力があることを示したならば、どうなるか?
 日本が真の独立国となるためには、日米安保は破棄し、独力の軍隊を有する普通の国になることが一つの条件になるだろうと思っている人は多いが、米軍の核の傘がなくなると、中国の脅威にに対抗するには今の5兆円の軍事費では足りず、20数兆円を有するといわれる。わずかな軍事費で対抗するには核武装が中国や、北朝鮮の核の脅威に対抗する有力な手段となりうることは、容易に考えられる。
 イスラエルやパキスタン、北朝鮮が核を持っていることが許されて、日本や韓国が核を持てないのはなぜか?アメリカは日韓から兵力を引き揚げ、中国と経済協力関係を結んで、太平洋は両国で分断支配するという協定を結ばないとも限らない。その場合アmウェイカは尖閣諸島問題を静観するだろう。
 日本の非武装中立はありえないのか?無いとすると独立国として、日本はどうすればよいか?
 解説の小川和久氏によれば、専門家からみると日本が核武装することは不可能といってよい現実があるという。もし日本が核武装した場合世界中から袋叩きになるだろうという。
 この小説にあるように、日本が核保有の能力があることを関係国に示しただけで、尖閣諸島問題が解決するとは思われないので、現実的にはどうしたらよいのか、頭の痛い問題であろう。一層尖閣諸島は中国にくれてしまうというのも一つの解決策であろうし、紛争を覚悟で日本の自衛隊が尖閣諸島を実効支配するというのも、解決策かもしれない。それ以前に外交的手段で両国の共同開発という形で、折り合うことも良いかもしれない。  


Posted by 北のフクロウ at 13:25Comments(0)読書

2018年06月01日

ラビリンス ケイト・モス著 ソフトバンククリエイティブ

 ベストセラーになる小説の要素を総て備えた小説である。
 歴史小説であり、歴史ミステリーであり、ロマンス小説でもあり、ファンタジー小説である。
 女流作家による、女性を主人公の小説で、女性ファンの心を掴んでいる。
 時代小説要素は13世紀南フランスのアルビジョア十字軍の時代である。南フランスではカタリ派というキリスト教の一派が信じられていて、それを問題としたローマカソリック教とフランス北部で王権を確立したフランス王ルイ8世が手をとりあって、南フランスのカタリ派キリスト教征討運動が起きた。これがアルビジュア十字軍で、約30年抗争が続いた。徹底的にカタリ派が弾圧され、宗教裁判が行われ、多くの異端者が焼き殺された。ここでは3つの書と聖杯を守る秘密組織の存在が現代の考古学発掘と結びついてミステリーとなっている。
 13式と現代が交互に物語として展開され、一種のファンタジー小説となっている。800年生きながらえた人物が登場するにいたって、ファンタジーが極まれる。ラビリンスというのは迷路の意味で、洞窟の迷路と、寺院の迷路と意味合いが深い。
 この小説は旅行ガイドの役割も果たしていて、この小説を読んだ読者がカルカソンヌの世界遺産を見に行くことが十分考えられる。   


Posted by 北のフクロウ at 14:48Comments(0)読書

2018年05月24日

トレイルオブティアズA.Jクイネル著 集英社

 クイネルの旧い作品を図書館で見つけた。
 2000年の作品。
 凄腕の脳外科医師が誘拐される。
 そこは人間のクローン化を研究していた。医師の失踪に疑問を持った妻、飛行機事故に疑問を持ったニューヨーク市警の女刑事、クローンの犬に疑問を持った獣医師とその母の上院議員などが謎を解明し、政府の秘密研究所の存在を暴く。クローン人間というその当時の最新の話題をテーマにミステリーを書いた。  


Posted by 北のフクロウ at 09:37Comments(0)読書