さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年02月16日

エルサレムから来た悪魔 アリアナ・フランクリン著 創元推理

 12世紀のケンブリッジはかくも田舎であったか。
  時に十字軍がエルサレムの巡礼者をイスラム教徒から守るために、中東に遠征した。
  キリスト教の教会の力が強く、それに対抗する王もさほど力が無かった。
  ケンブリッジで幼児の惨殺事件がおき、ユダヤ人が犯人とされる。
  その事態を解決するために、イングランド王は旧知のシチリア国王に調査員を依頼する。
  そこで、指名されたのが、ナポリの調査官と検視に優れた女医者(解剖等によって死因を判断できる医者)を派遣する。
  医学はイスラム諸国のほうが進んでおり、シチリア王国下にあるサレルノ大学で医師となり、検視医者のアデリアを派遣する。
  彼女の働きで、事件は見事に解決するが、逆に犯人側からは宗教裁判で、修道女から逆に訴えられる。
  このあたりが中世のイングランドの様子をうかがうことが出来て、面白い。
  恐らくエリス・ピータースノミステリー「修道士カドフェル」の生きていた時代に近いのではないか。カドフエルの場合はヘンリー1世死後の混乱したイングランドであり、アデリアの時代はヘンリー2世であった。
 この小説もアデリアを主人公にして、シリーズ化されているようである。  


Posted by 北のフクロウ at 18:45Comments(0)読書

2017年02月16日

ネメシスのささやき アン・ズルーティー著 小学館文庫

 アン・ズルーディのヘルメスシリーズの5作目。
 これまでの作品のうち、一番良かった。
 ギリシャには埋葬後4年目に掘り返し、改葬する風習があるという。
 芸術家は往々にして、死後名声が上がることがあるが、詩人は一度死んだ振りをして、再びこの世に出現するということを考えた。
 身代わりに豚を埋葬したのが、改葬してそれが明らかになったことから、大事件となった。
 そこで登場するのが、太った調査員、ヘルメスである。
 最終はヘルメスらしく、見事な解決策を講じるが、ミステリーとしては異色の作品であることには、変わりがない。
   


Posted by 北のフクロウ at 18:25Comments(0)読書

2017年02月05日

ネットフォース トムクランシー著 角川書店

 スティーブ・ビチェニックとの共著。
 2010年の近未来小説ということで、ネット・フォースシリーズの第1作目に相当する。1999年以前の作品と思われ、2017年現在としては
近未来というよりは過去の話になってしまった。その結果、合っているところもあるが、違う所もある。
 ネット・フォースというFBIの下部組織と、マフィアと、チェチン人のコンピューター・テロリストの三つ巴の抗争である。
 今のことばでいうと、サイバーテロということになろうか。コンピューター時代となって戦争も情報戦が重要になってきた。
 ここでは個人のテロリストであるが、国家的なサイバーテロの時代になって情勢はもっと複雑になってきた。
 いつも時代を読むことに定評のあるトム・クランシーであるが、まだその本領は発揮できていないように思える。その後進化したのであろう。  


Posted by 北のフクロウ at 21:03Comments(0)読書

2017年02月05日

札幌交響楽団 名曲シリーズ 雪あかりの物語

 2月4日(土)キタラ
 高関健指揮 ピアノ 牛田智大
 名曲シリーズでは過去最大の聴衆動員数ではなかったか。
 これほど満席に近い聴衆を見たことはなかった。
 何によるのか。
 一つはピアノの牛田さんの人気。今若手のホープである。
 もう一つはプログラム。
 札幌交響楽団の得意のシベリウスの交響曲第二番がプログラムに入っていた。
 牛田さんのショパンのピアノ協奏曲第二番は音もきれいで、力強く、見た目にも若武者のりりしさがあり、聴衆を魅了した。
 アンコールのショパン即興幻想曲もたしかなテクニックを聴かせた。
 4月にソロの演奏会があり、ここでも多くの聴衆を集めるだろうと思われる。
 高関さんは前の札響の指揮者であったから、楽団員と気心も知れており、名演であったと思う。
 それにしても定期演奏会との聴衆の数をどう判断したらよいのだろうか。
 プログラムか指揮者か。演奏会の曜日、時間か。聴衆の年齢層も若干違うようにも思う。分析が必要であろう。
 。  


Posted by 北のフクロウ at 20:31Comments(0)音楽

2017年01月28日

メルトダウン マックス・マーロウ著 東京創元社

 副題が「北半球水没」とあって、原発事故のメルトダウンと水没がどんな関連があるかという興味で、読んだが、実は海底火山の噴火による地球温暖化が引き起こす人類滅亡の危機のパニック小説だった。
 海底火山の噴火により火山灰が空をおおい、アッシュクラウドとなる。その結果太陽光の反射熱が遮断され、地球温暖化を引き起こす。その結果、雨量が増え、水害を引き起こす。また北極海の氷塊が凍解し、海面が上昇し、農地が冠水する。
 今二酸化炭素の濃度上昇による地球温暖化が問題になっているが、急激に温度上昇した場合起こりうる温暖化の影響を描き出したものである。
 「人類は地球上で永遠の繁栄を約束された生物ではない」という予言と予告を示した人類滅亡の序曲である。
  


Posted by 北のフクロウ at 10:35Comments(0)読書

2017年01月28日

札幌交響楽団第596回定期演奏会

 1月27日(金)キタラ
 マックス・ポンマー指揮
 バッハ作曲 管弦楽組曲第1番~第4番
 管弦楽組曲を通して聴く機会は初めての経験かと思う。
 プログラムは第3番、第2番、第1番、第4番と並べた。
 この順番は菅楽器の並べ方を意識して、面白いと思った。
 第2番はフルートが主役で、札響主席フルート奏者の高橋聖純さんがソリストを務めた。
 なかなかの演奏で、オーケストラと息が合っていた。メンバーなので当然といえば当然だが。
 オーボエとファゴット、トランペットが重要な役割を果たしていて、個々の演奏者の特長が出ていた。
 ファゴットの細かなフレーズは演奏が難しそうだったが、それを感じさせない楽しげな演奏で、
 オーボエとのアンサンブルが良くあっていた。
 フランス宮廷の舞踏会にでもいるような、雰囲気で楽しい演奏会であった。  


Posted by 北のフクロウ at 10:16Comments(0)音楽

2017年01月25日

州知事戦線異状あり!トロイ・ロック著 創元推理文庫

 トロイ・ロックの2作目。
 カルフォルニア州知事選挙を舞台にした犯罪事件。
 知事候補の一人が競争相手を次々に暗殺するという事件が起きる。
 姉のロスアンジェルス市長がやはり知事選挙に立候補していて襲われ、意識不明の入院を余儀なくされて。
 そこで、弟を代わりに候補に立てるという上院議員の母親が画策する。
 やむをえず候補となり、政敵の陰謀を暴く。
 あいかわらず、品のない小説で、アメリカの選挙の内実はこんなものかと思わざるを得ない。
 シュワルツネッガーがカリフォルニア州知事になったことを暗に皮肉っているように思える。  


Posted by 北のフクロウ at 16:45Comments(0)読書

2017年01月25日

最高の銀行強盗のための47ケ条 トロイ・ロック著

 あまり品の良い小説ではないが読み方によっては面白い本である。
 言葉遣いが品がない。そういう階級の人間を描いていないので、そうなるのだが、英語の勉強にはならないだろうと創造する。
 まず主人公は地方銀行専門の親子強盗である。子供はすこぶるつきの美女で、その娘にほれこんだ元不良少年であった青年がその娘と駆け落ちをする。それを怒った父親が二人を追いかける。それに強盗の共犯者がからんでドタバタとなる。
 暗い話でないのが救いである。  


Posted by 北のフクロウ at 16:36Comments(0)読書

2017年01月25日

ロシアから来た黒船 植木静山著 扶桑社

 日露の交渉でプーチン大統領がロシアとの外交交渉の歴史を述べた場面があったが、あまり日本人には知られていないように思ったので、図書館で見つけた本書を読んでみた。
 日本史ではペリーが下田、浦賀に来て和親条約を迫ったことは知られているが、同時期にロシアもプチャーチンが長崎、下田にきて、開国を迫った。この小説ではプチャーチンと日本の代表を務めた川路聖護、筒井政憲との交渉の様子が描かれている。交渉はタフなものであったが
プチャーチンは紳士的で、双方がお互いを信じて、友好的なものであったという。
 そこで決まったことは択捉島以南は日本領土とすること、樺太は北緯50度を境界とすることを日本が主張したが、ここは明確に定めないこととした。最後までもめたのは開港地に領事をおくことをロシアが主張したが、日本は抵抗した。しかしアメリカとの間で領事がおかれたためにロシアの領事も認めざるを得なくなった。
 交渉中に下田に津波が襲い、ロシアの艦船ディアナ号が遭難し、修理に向かう途中で嵐のため沈没するという事件が起きた。
 残されたロシア人は新たに船を作り、一部はその船に乗って、帰国するという事件も起きた。その間ロシア人と日本人の間には造船を手伝い、最新の造船技術を学ぶという機会を与えられることになった。ここでは韮山の江川太郎左衛門が活躍したという。
 この条約は日露間の正式な協定であるので、プーチン大統領も無視は出来なかったのであろう。
 それにしても歯舞が変換されるチャンスがあったのだが、アメリカのダレス長官が4島返還を主張して、日本がひっこめたという歴史事実がある。今回の日露交渉でまた返還が遠のいた感があるのは残念である。  


Posted by 北のフクロウ at 16:28Comments(0)読書

2017年01月25日

頭蓋骨のマントラ エリオット・パティスン著 早川書房

 チベットを舞台とした珍しいミステリー。著者はアメリカ人であるが、弁護士として中国に通っていた経験を生かして、小説を書いた。
 チベット仏教が物語の背景にあってやや分かりづらい所があるが、そこが魅力になっている。
 主人公は中央政府の腐敗を追及した元検査官で、うとまれてチベットに流刑となっている。その経験を生かして、犯罪捜査に当たる。
 チベット仏教の奥義にふれるところもあって、ミステリアスなところに魅力がある。  


Posted by 北のフクロウ at 15:50Comments(0)読書

2017年01月09日

十人目の聖人 D.Jニコ著 マグノリアブック

 歴史と現代の冒険と地球温暖化による人類の滅亡という今流行のテーマにタイムトラベルまで組み合わせた欲張りな小説。
 最初はエチオピアの遺跡からでたエチオピア十人目の聖人の墓を巡る冒険というスタートで、現代と昔の物語を交互に出し、時代に幅をもたせた展開であった。それに時空を越えた話が入り込んできて、ややこやしくなる。それに二酸化炭素吸収の決め手となるといってバイオリアクターで繁殖させた藻類の異常発生により、改訂でメタンが発生して地球が業火で滅びるというややSF的なストーリー展開となり、付いていけなくなった。女性考古学者とその恋人の文化人類学者の二人の主人公で第2作、第3作とシリーズ化されているというから、次作はどんなテーマを持ち出すか興味がある。  


Posted by 北のフクロウ at 10:47Comments(0)

2017年01月09日

ペルシャ湾の馬 マーク・アイヴァースン著 文春文庫

 題名はトロイの木馬をなぞったものだという。
 湾岸戦争後の紅海で、イランがアメリカと敵対関係にあった時代の話で、イラン海軍が用いた秘策ということで、アメリカの軍艦を夜襲し,それを囮に米軍の指揮艦ならびにバーレン湾を封鎖しようとする。
 現代においても海賊と戦艦の戦いは胸躍らせるものがあるが、ここではイランの戦略に脱帽である。
 結果は米軍の戦術行動士官と女性ジャーナリスト(この二人は元恋人同士という設定)の活躍で事なきを得る。
 ハラハラドキドキさせて、ハッピーエンドというストーリーだが、それなりに良く書けていて楽しませてくれた。
 このような小説が古本屋で108円で売られていたのもうれしかったことだ。  


Posted by 北のフクロウ at 10:34Comments(0)読書

2017年01月03日

高度1万フィートの死角 カム・マージ著 ビレッジブックス

 石油会社の陰謀で遠隔透視者を用いた石油探査が破綻し、コロンビアのノガレスという村を全滅させる事態になる。これに疑問を持った遠隔透視者が逃れようとするが、乗った飛行機が破壊工作のため墜落する。主人公女性パイロットの娘も遠隔透視者で、これを感知したために
石油会社の手先に命を狙われることになる。
 遠隔透視という能力者が本当に実在するかどうか分からないが、本当にその能力があれば、その能力を使って事件の解明をしてもよさそうに思うのだが、ひたすら逃げ回って、殺されてしまう。それも予知の範囲というのだが、どうも矛盾を感じてしまう。
 リスクの対する対応が弱く徒に敵に行動を知られてしまい、やたらと危機に陥るのはどうかと思う。
 最後の飛行機爆破を回避する所は手が込んでいて、作者が元パイロットである経験が生きているという。
 第1作目の「ジェットスター緊急飛行」は2014年に読んでいた。主人公になんとなく親しみを感じたのはその精であろう。
 次作もありそうなエンディングなので、楽しみにしていよう。  


Posted by 北のフクロウ at 16:44Comments(0)読書

2017年01月03日

黒い波 ~破滅へのプレリュード~ E・ブーン著

 題名に引かれて買ったが、人類破滅のミステリーではなく、ホラー小説であった。
 何らかのきっかけで、人食い蜘蛛が異常発生して、人類滅亡の危機に陥る。
 ひたすら人食い蜘蛛の恐怖をあおるだけで、なんら解決策が無い。
 この作品はプレリュードであって、解決は続編を読めということらしい。
 果たして続編を買って読む価値のある小説であるかどうか迷う所である。
 蜘蛛を抑えるために中国は原爆を投下して防ごうとしたが、見事失敗した。
 おそらく解決策は蜘蛛の特性を知り、何らかの生物学的な対応をすることになるのだろうが、それは後の作品のお楽しみということであろう。
 人類を滅亡させるのは、人間の文明であると思っている私にとっては人食い蜘蛛より恐ろしいのは人間であるといわざるを得ない。  


Posted by 北のフクロウ at 16:23Comments(0)読書

2016年12月29日

悲しみの聖母 アン・ズルーディ著 小学館文庫

 ヘルメス・ディアクトロス主人公のミステリ第4作。
 カルコス島のイコンが奇跡を起こすといって、観光と信仰の目玉になっている。
 ヘルメスはこのイコンが贋作であることを元彼女のカーラの力を借りて、見破る。
 その調査の中で、島のイコン画家が変死を遂げる。
 犯人は誰か。近親相姦が明らかになり、犯人も明らかになるが、問題の真作イコンはどこにあったか。
 これを発見するプロセスは必ずしも合理的ではなく、超能力的といっても良いものだが、そこで明らかにされる人間の悲しみ、その人間に注がれる優しさはギリシャの神々のそれに近いかもしれない。  


Posted by 北のフクロウ at 15:33Comments(0)読書

2016年12月29日

テッサリアの医師 アン・ズルーディ著 小学館文庫

 謎の調査員ヘルメス・ディアクトロスの第3作ミステリ。
 フランス人医師が何者かに苛性ソーダを顔にかけられ、失明するという事件にヘルメスが遭遇する。
 フランス人医師の過去がどうで、何者がどんな恨みを持って犯行に及んだかを解明する。
 ギリシャが舞台のミステリで、風土、人間性が独特。謎解きも神がかっていて、あまり理論的でないところが魅力の小説である。  


Posted by 北のフクロウ at 15:20Comments(0)読書

2016年12月22日

汚れちまった道 内田康夫著 祥伝社

 内田康彦は浅見光彦を主人公とするミステリーを30年以上書き続けている。
 歴史と地方の風土をバックにあきもせず作品を生み出していることに感服する。
 浅見光彦は33歳から歳をとらないから、テレビなどの浅見役は次から次と変わっていくところが面白い。
 今回は山口県を舞台に、山口出身の詩人中原中也の詩を踏まえて、殺人事件を展開する。
 山口、萩、美祢、防府、宇部などの町がめまぐるしく出て来る。
 浅見光彦が格好良すぎるが、事件の背景は政治家、大企業、暴力団の癒着といういつもながらのテーマであり、読みやすい。
 同時の萩殺人事件という小説もものにしたというから、作者の想像力の豊かさに感心する。
 そうでもなければ同じ主人公で30年以上も小説を書き続けることは出来ないのであろう。  


Posted by 北のフクロウ at 09:18Comments(0)読書

2016年12月22日

ミダスの汚れた手 アン・ズルーディー著 小学館文庫

 アン・ズルーディの太った調査員ヘルメスを主人公とするミステリー第2作。
 ここでもギリシャの街アルカディアで起きた殺人事件を調査員ヘルメスが解決する。
 ヘルメスが昔アルカディアに住んでいたことが明らかになる。そのときの友人が自動車事故で亡くなり、その犯人を見つけ出す。
 ギリシャ社会の独特な習慣や、考え方が色濃く出ていて、ユニークなミステリーとなっている。  


Posted by 北のフクロウ at 09:04Comments(0)読書

2016年12月22日

アテネからの使者 アン・ズルーディ著 小学館文庫

この小説をミステリーというのかどうかが分からないが、ある種の殺人事件をアテネから来た主人公の太った男が解決するという点ではミステリーといっても良いのだろう。
 この主人公はヘルメスという名前を持ち、書体不明である。自称調査員といっているがどの機関かは明らかにされていない。
 ヘルメスはギリシャ神話の神々の使いで、美しいサンダルを履いている。この主人公もサンダルのかわりに白いテニスシューズを履いている。だから主人公は神々の使いかもしれない。
 舞台はギリシャの島である。美しいエーゲ海に浮かぶティミノス島の島民は人間の本性がむき出しである。不倫をおかした人妻が何者かに殺されるが、その犯人を主人公が見つけ出す。しかし解決法が独特であり、作者の人間考察の優れている所が光る。
 その洞察力は神がかりであって、神の使いであることをうかがわせる。
  


Posted by 北のフクロウ at 08:56Comments(0)読書

2016年12月22日

抹殺部隊インクレメント クリス・ライアン著 早川書房

 クリス・ライアンはSAS隊員を主人公に作品を書いている。
 今回も元SASのマット・ブラウニングが主人公で、インクレメントというのは特殊抹殺任務のSASの超極秘部隊との争いを描いている。
 そのような秘密組織が実在するかどうかは知らないが、あっても不思議は無いだろう。この組織と軍事企業が結びついて、ソ連が開発中だった向精神作用薬剤を軍隊に取り入れようと画策するが、副作用があるためその存在を抹殺しようとする。この策謀に主人公が利用されるが、陰謀に気づき、対決することとなる。
 そのような薬剤が存在することは分からないが、軍隊という殺人集団を鼓舞するためにそのような薬剤があっても不思議はないところにこの小説の怖さがある。  


Posted by 北のフクロウ at 08:42Comments(0)読書