さぽろぐ

読書・コミック  |札幌市北区

ログインヘルプ


2022年09月29日

ハンターキラー 東京核攻撃 ジョージ・ウォーレス&ドン・キース著 早川書房

 ハンターキラーのシリーズの第3作目。ハンターキラー潜航せよ、ハンターキラー最後の任務をかって読んだ。いずれも面白かった。第3作目も前作に劣らず、面白い戦時ミステリーとなっている。
 北朝鮮がロシアの核爆弾を買い取り、それをイスラム狂信派に売り払うが、そこで偽の核爆弾に改装し、本物はメッカとムンバイで爆発させることによって、世界の混乱を招き、その混乱に乗じて南北の統一を図ろうという陰謀がある。また偽の核爆弾を買ったイスラム狂信派はそれを東京で爆発させ、イスラム圏の拡大を図ろうとする。その資金は中国人の麻薬王の娘が提供する。
 アメリカの潜水艦がイスラム狂信者に乗っ取られ、それが東京に向かって危機になる。味方の潜水艦を魚雷で排除するという苦渋の戦略が取られる。乗っ取られた潜水艦には息子が乗っている。司令官である父親の心中はいかばかりか。
 盛り沢山で、話が次々と展開するので、ついていくのに一苦労する。最近の軍事ミステリーの傾向である。
 次の作品が待たれるシリーズである。  


Posted by 北のフクロウ at 18:58Comments(0)読書

2022年09月29日

ハンターズ アレキサンダー大王の墓を発掘せよ クリス・カズネスキ

 アレキサンダー大王の墓はどこにあるかわからないそうだ。エジプトのアレキサンドリアにありそうだが、地震で街が埋没した結果、行方が分からなくなった。そこでこのような小説が生まれた。ハンターズは宝物探しの集団で、ジャック・コッブをリーダーとし、元海兵隊や、元FBI,元CIAなどをメンバーとする。地下水道にある神殿を探し当て、手掛かりを得るが謎の集団によって、メンバーの一人が拉致される。
 ミステリーハンターの小説は私の好むところであり、シリーズ化されているので、楽しみである。
  


Posted by 北のフクロウ at 18:39Comments(0)読書

2022年09月17日

海鳴り 藤沢周平著 文春文庫

 基本的には日本人の小説は読むことが少ない。
 一時藤沢周平はよく読んだ時期があった。図書館で目についたのが、藤沢周平の「海鳴り」であった。時間がなかったので、とっさに手に取った。
 藤沢周平の人情物である。紙屋の主人が人生の黄昏時にふと酒に悪酔いした同業のおかみを助けたことを機に不倫の間柄になる。それを悪い同業者に見られ、金を渡し口封じをする。しかし不倫の仲をお上や不倫相手の主人に告げると脅され、その首を絞め、半殺しにする。逃げ切れないと悟った主人公は不倫相手に逃げることを告げると、相手も一緒に逃げるという。なんとも切ない話であるが、もとはと言えば不倫した主人公にやむにやまれぬ非がある。中年の男の切なさが身に染みる話である。  


Posted by 北のフクロウ at 06:42Comments(0)読書

2022年09月07日

アキラとあきら 池井戸潤著 集英社文庫

 今同名の映画が上映されていて、その原作として売れているらしい。
 池井戸得意の評判の銀行小説で、主人公がアキラとあきらという二人が主人公となって、倒産寸前の企業を見事に救う。
 浮体は銀行マンで、一人は大企業の御曹司、一人は倒産した中小企業の工場社長の息子、二人は同じ銀行の同期生で、共に有望な銀行マンであったが、大企業の御曹司の方は左前になった親の会社を救うべく、社長になり、銀行マンの方はそれに協力して、会社を救うという物語。
 いかにも池井戸らしい銀行マン小説で、銀行の審査や金融営業の裏側が良くわかる。財務諸表を見て粉飾を見破るなど、元銀行マンらしい内容になっている  


Posted by 北のフクロウ at 11:39Comments(0)読書

2022年09月07日

悪魔の参謀 マレー・スミス著 文芸春秋

 前に読んだ「ストーン・ダンサー」の前作に相当する。ストーン・ダンサーでおなじみの登場人物が出てくる。
 イギリスSISのデービッド・ジャーディンは南米局長で、南米の麻薬ギャングの撲滅のために、スパイを要請し、コロンビアに送り込もうとする。
 ニューヨーク市警のエディ・ルーコウはグランドセントラル駅でゆく物の過剰摂取で変死した若い女性の身元不明者に執着して、事件の解決を図ろうと躍起になっている。
 アイルランドの著名な検事ピアソンは暫定IRAの政策顧問として二重生活を送っている。
 この3つの場面が最後の数ページで見事に遭遇して、一つの解決を見る。それは必ずしもハッピーな解決ではない。
 そこにこのスパイ小説の深みと面白さがある。  


Posted by 北のフクロウ at 11:28Comments(0)読書

2022年09月07日

奪還 リー・チャイルド著 講談社文庫

 リー・チャイルドのジャック・リーチャーシリーズの最新作。実際は前26作中の10作目に当たる。執筆順に翻訳されるのは、出版会社の都合であるが、どこから翻訳してもいいような作品の造りになっていることも影響しているだろう。
 ある富豪の妻子が誘拐され、、それを目撃したリーチャーが富豪の用心棒に入り込む。その富豪がすこぶる怪しい人物で、当局からマークされていたのだ。誘拐犯はすこぶる巧妙で、なかなか尻尾を出さない。前妻も誘拐されて惨殺されていた。
 この誘拐犯を追ってイギリスに渡るが、そこで目にしたものは・・・・・。驚愕の結末が待っている。  


Posted by 北のフクロウ at 11:14Comments(0)読書

2022年08月26日

ストーン・ダンサー マレー・スミス著 文春文庫

 ストーン・ダンサーとはイギリスのスパイに名付けられた名称でロシアの昔話にある石の上を踊る妖精に因んで名づけられた。
 イギリスのスパイ小説の例にもれず、国際社会の複雑な仕組みのなかで、イギリス、ロシア、イスラエル、アメリカの諜報機関がお互いの腹を探りながら、問題の解決を図る。
 時はソビエトが崩壊してロシアが立ち上がろうとしていた混迷期。旧体制がソビエトの復活を願って闇の組織を作る。あたかもプーチンがウクライナに侵攻して、旧ソビエトの共産主義体制の復活を図ろうとする現代にダブる。
 その中にこんな一節があった。
「今世紀の政治組織の中で過激な綱領を掲げるものは、ひとしく民主主義を恐れ、憎んできた。このような政治組織は、党の中の党というべき秘密組織を擁し、非合法活動に当たらせるのが常だった。一たび権力を掌握すると、秘密組織は突然変異を遂げる。すなわち、国家内における独立国の地位を手に入れるのだ。(中略)おそらく人間の歴史には遺伝子的な欠陥が潜んでいて、そのせいで同じ過ちが際限もなく繰り返されるのだろう。」
 現代も同じ過ちが繰り返されているのが現実である。  


Posted by 北のフクロウ at 08:54Comments(0)読書

2022年08月26日

反撃 リー・チャイルド著 講談社文庫

 ジャック・リーチャーシリーズの初期の作品。
 今回の相棒はFBIの女性捜査官。サッカーの試合で靱帯損傷の怪我を負い、片足が不自由である。その彼女が誘拐事件に遭遇する。
 なぜ彼女なのか?実は彼女の父親は統合本部会議議長で、誘拐犯はアメリカの国内に独立国を樹立しようとするテロリスト。リーチャーはたまたま誘拐時にそばにいて、一緒に誘拐されたのだ。二人は協力して武力集団に立ち向かう。  


Posted by 北のフクロウ at 08:31Comments(0)読書

2022年08月14日

警鐘 リー・チャイルド著 講談社文庫

 ジャック・リーチャーシリーズの第3作目に当たる。
 もうここではリーチャーは軍を退役し放浪の旅に出ていて、キーウエストで穴掘りと、ストリップバーの用心棒をしている。
 そこのニューヨークから私立探偵がリーチャーを捜しに来るが、何者かに殺されてしまう。依頼主を探すためにニューヨークで出かけると、元上司もガーバー将軍であることが判明する。彼は心臓病でリーチャーに会う前に死亡しており、ニューヨークに行った折にはちょうど彼の葬儀であった。そこで将軍の娘の弁護士に再会し、ロマンスにおちいる。ガーバーの依頼は病院で出会ったやはり心臓病の老夫婦の息子がヴェトナムで行方不明になっていて、帰国を果たしていないので、真相を調べてほしいとのことであった。そこで、ヴェトナムでヘリコプターの墜落事故で、息子が行方不明になった真相を探るうちに、軍が何かを隠していることに気が付く。一方で倒産間近の会社を舞台にした詐欺事件が侵攻していて、その犯人がヘリコプターの墜落で生き残った息子らしいとにおわせる。大きなどんでん返しで真実が明らかになる。  


Posted by 北のフクロウ at 15:06Comments(0)読書

2022年08月14日

前夜 リー・チャイルド著 講談社文庫

 ジャック・リーチャーシリーズの8作目に当たる。
 リーチャーが放浪生活に入る前の、軍隊時代の珍しい作品。大晦日を迎える前にパナマ作戦に従事していたリーチャーが突然ノースカロライナのフォート・バードの軍警察現場指揮官に転属になる。転属早々ドイツの機甲師団の司令官がこともあろうに、田舎のモーテルで変死を遂げる。そのころ司令官の妻も何者かによって殴殺されていた。彼は何のためにアメリカに来ていたのか。何やら重大な会議があったようだが、その資料が紛失している。リーチャーを民間人への暴力事件で訴えたデルタフォースの軍曹も殴殺されていた。リーチャーの上司の大佐も上からの指示か、嫌がらせをする。
 怪しげな機甲師団幹部の行動を探るうちに、その真相が明らかになる。その過程で部下のサマー少尉とのロマンスが生まれる。
 リーチャーの元上官であったガーバー大佐が顔を出しているが、次に読んだ「警鐘」でも登場する。  


Posted by 北のフクロウ at 14:50Comments(0)読書

2022年08月06日

おもかげ 浅田次郎著   毎日新聞

 浅田次郎らしい小説。
 サラリーマン生活終わりの送別会で、脳出血を地下鉄車内で起こし、ICUで死期を迎えている主人公。彼を取り巻く幻想、幻視がその小説の中身で、様々な人々とのかかわりで彼の人生が明らかにされていく。主人公はいわゆる捨て子で、父母を知らない。施設で育ち、大学を出て、一流商社の務め、子会社でサラリーマン生活を終わる。妻は逆に父母が離婚し、複雑な家庭を経て結婚、二人の子供をもうけたが長男は死亡、娘がいる。
 娘は少年院上がりの問題児と結婚、二人の子供がいてもうすぐ3人目が生まれる。その親方が主人公の施設仲間で、親友。主人公の妻の返信のような謎の女性が次から次へと登場して、彩を添える。現実と、主人公の夢が交錯して、いわゆる浅田ワールドを展開する。  


Posted by 北のフクロウ at 09:14Comments(0)読書

2022年08月02日

宿敵 リー・チャイルド著 講談社文庫

 リーチャーシリーズでは比較的初期の作品。第7作目で、「アウトロー」の2年前に書かれている。
 ここでは麻薬取締捜査官の隠密捜査に協力して、怪しい実業家の懐に飛び込む算段をする。すなわち怪しい実業家の息子の誘拐事件を装い、息子を救うと同時に警官を殺害して、実業家の用心棒になろうという試みである。それが見事に成功して実業家の家に入り込むことができる。しかしその実業家が何をやっているかがわからない。麻薬の密輸入を疑っていたが、そうでもないらしい。陰に実力者がいてどうもそれはかってリーチャーの部下を殺害し、一度はその恨みを晴らしたと思われた元情報将校が生きていたらしい。そこで壮絶な銃撃戦が起き、見事に恨みを晴らすことができるというあらすじ。  


Posted by 北のフクロウ at 11:11Comments(0)読書

2022年08月02日

ネバー・ゴー・バック リー・チャイルド著 講談社文庫

 リーチャーシリーズにすでに読んだ「61時間」の続きの作品に相当する。
 「61時間」でリーチャーに協力的であった第110部隊の部隊長スーザン・ターナーにあうべく、ヴァージニアに行ったところ、彼女は濡れ衣で収監され、リーチャーにもかって捕らえた犯人の障害致死と韓国勤務時に子供ができ、その父親との疑いで、これまた収監される。二人は一緒に脱走し、えん罪を晴らすべく、あちこち飛び回る。そこにはアフガンの軍需品の横流しで距離を得ている軍部の上部が絡んでいた。  


Posted by 北のフクロウ at 10:57Comments(0)読書

2022年08月02日

パーソナル リー・チャイルド著 講談社文庫

 リーチャーシリーズもいよいよ国際的になってきた。
 舞台はパリ、ロンドン。パリで大統領暗殺未遂事件が発生し、防弾ガラスのお陰で、難を免れた。ロンドンではG7で、世界から首脳が集まるため、スナイパーの格好の標的になる。そのスナイパーはリーチャーがかって捕らえた元軍人で、リーチャーに恨みを持っている。果たして暗殺の的はリーチャーなのか?ロンドンのギャングの勢力争いが絡んで意外な真相があった。
  


Posted by 北のフクロウ at 10:44Comments(0)読書

2022年07月22日

ミッドナイト・ライン リー・チャイルド著 講談社文庫

 ジャック・リーチャーシリーズの22作目。
 シリーズの特色は主人公が決して死なないことだ。主人公が死んではシリーズはおしまいになる。
 今回はたまたま質屋で見つけた指輪の持ち主の行方を探る旅で遭遇した事件である。その指輪はリーチャーと同じ陸軍士官学校の出身者のものであることに興味を持った。その行方不明者はアフガンで負傷し、退役したらしい。負傷の治療の過程で、薬物中毒者であることが判明する。そのつながりで、薬物販売ルートがあることがわかる。
 戦争のたびに薬物中毒者が増えるという事実はショックだ。負傷の痛み止めで大量の鎮痛剤を処方され、それから中毒になるというのだ。アメリカに中毒患者が多い理由の一つが戦傷者にある。この小説では薬物が正式ルーロから闇のルートに流れる手口が暴かれている。そういう手口もあるのだということがわかる。  


Posted by 北のフクロウ at 10:18Comments(0)読書

2022年07月22日

61時間 リー・チャイルド著 講談社文庫

 リー・チャイルドのジャック・リーチャーシリーズにはまっている。
 主人公がユニークである。元軍警察捜査官で、放浪生活を送っている。時間も場所も制約されない。したがって小説のテーマは自由に設定できる。
 今回はサウス・ダコタ州のボルトンという架空の町を舞台に、たまたま大雪に足止めされた主人公がこの町に起きた殺人事件に遭遇する。
 なにやら近くの放置された軍事施設で、不穏な動きがある。61時間という制約の中で、何かが起こりそうである。その緊迫感がすごい。
 犯罪の証人保護という課題を警察が負っているが、刑務所との契約でたびたび責任が放棄される。そのたびにリーチャーが活躍する。しかし証人はあえなく殺されてしまう。その犯人は意外なところにいた。  


Posted by 北のフクロウ at 10:05Comments(0)読書

2022年07月22日

略奪 キャサリン・コールター&J.T.エリソン著 二見書房

 キャサリン・コールターは前回「閃光」を読んで、あまり評価しなかった。ところが、今回読んだ「略奪」は面白かった。
 多分J.T.エリクソンと協同著作であることが影響していると思われる。
 話が動的で、スムーズである。主人公が元スパイで、ロンドン警視庁の警部、世界的なイギリス王室のダイヤモンドの盗難事件と警部の元恋人が殺されるという殺人事件が絡んでいる。犯人の女泥棒も魅力的である。
 主人公とアメリカ側のFBI捜査官とのロマンスもある。
 この小説は主人公がFBIの捜査官になるという伏線もあり、さらなる発展が期待される。  


Posted by 北のフクロウ at 09:52Comments(0)読書

2022年07月12日

ステイ・クロース ハーラン・コーベン著 ヴィレッジブックス

 17年前の失踪事件を執拗に追いかける刑事がいる。
 その失踪者の存在を示唆されて、ともに姿を消した元ストリッパーが真相を探ろうとする。それに新たな失踪者が出て、その解明をする殺人者二人グループが絡み、事件を複雑にする。こちらの方が単純であるが、真犯人の動機や、手口には鬼気迫るものがある。元ストリッパーに振り回されるカメラマンが哀れである。  


Posted by 北のフクロウ at 09:54Comments(0)読書

2022年07月12日

閃光 キャサリン・コールター著 二見文庫

 ミステリーは基本的には女流作家のものは避けてきた。なぜなら女流作家のものは饒舌で、描写が細かく、家庭とか、男女関係とか、ミステリーと別なところに筆が走るきらいがあって、読んでいてまどろっこしい。
キャサリン・コールターもその傾向がある。
 ここでは3つの殺人事件が平行に進められ、それぞれ無関係に解決される。こんな煩雑さも女流作家を毛嫌いする理由である。
 家庭内の過去の殺人事件と、本命の殺人事件と、スーパーの殺人未遂事件とが錯綜して出てくる。
 ましてや時間を8秒遡ることができる指輪の存在など、とてもついていけない。こういうものを、ミステリーに入れ込むと、ありえないと思わざるを得ない。  


Posted by 北のフクロウ at 09:47Comments(0)読書

2022年07月12日

キリング・フロア リー・チャイルド著 講談社文庫

 途中まで読んで、過去に読んだ本であることに気が付いた。
 ジャック・リーチャーシリーズの第1作目であった。しかしほとんど記憶になくて、新鮮な気持ちで読んだ。
 記憶力の衰えはひどいもので、同じ本を何回読んでも、初めて読むように思えている。
 贋金造りの物語であった。贋金造りの手口に、納得した記憶がある。一番のポイントは紙である。アメリカドルは紙幣の大きさが金額にかかわらず同一である。ここがミソで贋金造りは小額紙幣を集めて、脱色し、新たに高額紙幣を印刷するという手法を用いた。北朝鮮あたりもそうやっているのであろうか。こんな国家的企業秘密を、小説で暴いてよいものだろうか。
 国家はその上を行くから、よいと考えているのだろうか。  


Posted by 北のフクロウ at 09:36Comments(0)読書