さぽろぐ

  読書・コミック  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年10月11日

下町ロケtット 池井戸潤著 小学館

池井戸潤が直木賞を取った作品。池井戸作品の特徴が良く出ている。
 中小企業が金融機関や大企業を相手に技術力を持って倒産の危機を回避する。
 ここではロケットエンジンの研究者であった主人公がロケット打ち上げ失敗の責任を取って親の会社の社長になる。
 そこで開発したバルブシステムが大企業の嫌がらせを見事に跳ね除けて、ロケット打ち上げ成功にいたるサクセスストーリーである。
 企業にとって地財戦略が如何に重要化を良く示したものであり、経営に大いに役立つ。
 中小企業の経営者に読んでもらいたい作品である。  


Posted by 北のフクロウ at 10:05Comments(0)読書

2017年10月11日

暗き炎 C.Jサンソム 集英社文庫

チューダー王朝弁護士シャードレイクシリーズの2作目。
 イングランドチューダー王朝ヘンリー8世時代を舞台とするミステリー。
 主人公が脊柱後湾症の弁護士で、時の宰相クロムウエルに仕え、難事件を解決する。
 今回は東ローマ時代に使われたというギリシャ火薬(暗き炎を発する)を巡る殺人事件と主人公が無実の罪でとらわれた少女の裁判事件とを絡めて、ヘンリー8世時代の政略、陰謀を背景に物語が進展する。
 その時代が非常に細かく描かれていて、ロンドンの悲惨さが良く分かる。著者がバーミンガム大学で歴史学を修めている成果が良く分かる。
 当時のヘンリー8世が離婚を禁じたカソリック教に反発して、国教会を創立したのは、有名な歴史的事実であるが、プロテスタトとカソリックと国教会が宗教闘争を行ったことが、当時の世相に反映している。多くのカソリック協会や修道院が破壊され、混乱の中にロンドンに住処を求めて人々が集まってきた。錬金術師も活躍していた。ギリシャ火薬は今で言うナパーム弾のような物で、石油を含有しているため当時のイギリスでは製造できなかった。これを所有することは敵対していたフランス、スペインに対して、優位に立てる武器であった。
 現在の北朝鮮の水爆や大陸間弾道ミサイルにも匹敵する武器であったろうと思われる。いつの時代も変わらないと思う。  


Posted by 北のフクロウ at 09:57Comments(0)読書

2017年10月02日

代償 キャサリン・コールター著 二見文庫

FBI捜査官シャーロックを主人公とするシリーズ代13作目。ただしこの作品では、連邦保安官助手イブとFBI捜査官ハリーが主人公となって、新鮮さを打ち出している。こちらは略奪とは異なり、キャサリンの単独作品である。
 そのためか筋の展開に饒舌さが目立つ。ロマンチックミステリーといわれるゆえんである。
 意外な犯人には、ビックリするが、中国のスパイが絡んでいて筋を複雑にしている。
 続けてシリーズを読むべきかどうかは、迷う所である。  


Posted by 北のフクロウ at 08:39Comments(0)読書

2017年10月02日

シルヴァー・タワー ディル・ブラウン著 早川書房 

 ディル・ブラウンの小説は、軍事オタクっぽく、ついて行くのが難しい。
 時は米ソ対立時代であるから、1980年代であろうか。
 シルヴァー・タワーはICBM要撃を有人宇宙ステーションが担う。レーガン大統領のスターウオーズ戦略防衛は無人の宇宙基地からのICBM要撃であったが、昨今の北朝鮮の挑発を考えると、単に小説の中の話ではなく、宇宙防衛を真剣に考えるべき時代になってきているのかもしれない。 
 人工衛星のよる監視システムはその一環であろう。
 そのうち、中性子爆弾も現実のものになるかもしれない。
 この小説の中の武器がどの程度現実のものかは分からないが、この小説が書かれたのが、1988年であったことを考えると、かなりのものが実現しているのではないか。
 軍事ミステリーの第一人者である作者にとって、北朝鮮を巡る状況をどのように考えるか、聞きたいところである。  


Posted by 北のフクロウ at 08:20Comments(0)読書

2017年09月18日

イエスの遺言書 エリック・ベーダー著 マグノリアブックス

 キリスト教のスタート時はミステリーの宝庫であるが、ここではカソリックで異端とされたグノーシス派の一派のグノーシス・オプサルヴァンティス派が永年秘匿していたキリストの遺言書と第5元素を巡る教団と作家創造の神血の聖クレメンス騎士団との抗争である。聖クレメンス騎士団というのは実在する聖ヨハネ騎士団を基にしているという。
 第5元素というのは錬金術の時代にエーテルとして、生命の元といわれたもので、これを使うと死者も蘇るという。キリストが秘蹟を行った際に使ったといわれる。このあたりはあまり科学的ではないが、ミステリーの格好の題材になっている。
 ただしこの翻訳はちょっといただけない。翻訳協力として株式会社トランネットという名前が記されているから、おそらくアルバイトに直訳させて、市ノ瀬美麗という訳者が日本語らしい体裁に整えたのではないかと想像する。せっかくの面白いミステリーも訳がまずいと興ざめである。  


Posted by 北のフクロウ at 09:27Comments(0)読書

2017年09月18日

略奪 キャサリン・コールター他著 二見文庫

コールターはすでにFDAの捜査官を主役とするシリーズを出しているが、新たにシリーズをJ.T.エリクソンと共著で始めた。
 前のシリーズで出ていたFDA捜査官も顔を出しているので、シリーズの継続性はある。
 このシリーズの主役は元スパイで、イギリスの警察官が主役となり、新たに女性FDA特別捜査官が加わっている。
 事件はイギリスのコ・イ・ヌールというダイヤモンドの盗難事件である。このコ・イ・ヌールというのはビクトリア女王時代にインドからラホール条約の元にイギリスに引き渡された。そのとき186カラットだったが、見栄えが悪かったので、再カットされ、105カラットになったものという。
 ビクトリア女王のブローチであったが、その後アレクサンドロ王妃とメアリー王妃の王冠を飾っていたもので、現在はロンドン塔に飾られている。イギリスに行った際、ロンドン塔で見たような記憶がある。
 物語は王大后の王冠がメトロポリタン美術館に貸し出された際に、「キツネ」という女泥棒によって盗まれ、それを米英の捜査官が解決するという物語である。
 今キャサリン・コールターの別な小説「代償」を読んでいるが、J.T.エリクソンが加わったためか、ストーリーがスピーディーで、活劇場面が良くなった。そこが女性作家と男性作家の違いがあるように思う。  


Posted by 北のフクロウ at 09:09Comments(0)読書

2017年09月10日

銀翼のイカロス 池井戸潤著 ダイヤモンド社

 ご存知池井戸潤の半沢直樹シリーズの第4作目。半沢直樹も営業2部の次長になっている。法人担当だが、企業再建に手を焼いている航空会社の再建を担当することになった。航空会社は日本航空が想起されるし、女性国交大臣は小池百合子を思い出してしまう。
 合併銀行の相方の重役と国会議員の癒着があり、再建策の立案すら、国交省再建タスクフォースの横槍が入り思うようにならない。
 そこは半沢直樹、胸のすくような正義感で、建前を貫き、陰謀を暴いていく。結末が分かっているだけに安心して読むことが出来る。
 これもドラマ化して人気を博するのではないか。ただし国交省あたりから横槍が入らなければ良いが・・・・。
 その前にテレビ局は国の意向を忖度して、テレビ化を遠慮するか。
 日本航空がスポンサーになったら面白いと思うのだが・・・・・。  


Posted by 北のフクロウ at 14:47Comments(0)読書

2017年09月10日

わが孫育て 佐藤愛子著 文芸春秋

 我が家には5人の孫がいるが、幸いのも千葉、神奈川と遠方であり、夏休み、冬休み、まれに春休みにしか来ない。
 佐藤愛子は2世帯住宅に住んでいるから、いやがおうでも孫と付き合わざるを得ない。孫は隔世遺伝というほど、佐藤愛子に似ていると言う。さぞかし毒舌で、嫌味な孫なのであろう。そんな佐藤愛子が92歳を過ぎても健在である。ますます毒舌に磨きがかかってきている。  


Posted by 北のフクロウ at 14:35Comments(0)読書

2017年09月10日

夜想曲集 カズオ・イシグロ著 早川書房

ミステリー以外の小説はほとんど読まないが、たまたま図書館で目に留まって、借りてきた。
 音楽と夕暮れをめぐる5つの物語という副題にあるように短編集である。
 音楽と危うい関係の男女の物語で、白黒のつかない結末になっている。一番嫌いなタイプの小説であった。
 作者が日本人(国籍はともかく)であることも、影響しているかもしれない。
 バックグラウンドにある欲が流れていると小説の印象も異なると思うがいかんせん本であり、それも難しい。  


Posted by 北のフクロウ at 14:25Comments(0)読書

2017年09月10日

靄の旋律 アルネ・ダール著 集英社文庫

 スエーデンの警察小説である。
 スエーデン警察の中に国家刑事警察の特別捜査班ができて、そのチームが犯人逮捕に活躍する。
 事件はスエーデン実業家が次々に暗殺される。犯人はロシアマフィアか新興騎士団の設立を巡る内部抗争か、数少ない手がかりから捜査を進める。モンクのミステリオーソというジャズアルバムが重要な舞台回しの道具になっている。それが小説のタイトルを暗示している。
 しかし犯人は意外な所にいて、動機も大それたものではなかった。
 6人の捜査班が個性的であり、シリーズで10作品が出されているという。
 北欧では人気作家らしいが、日本ではなじみが無い。
 これから人気が出るのではないか。
 それにしてもスエーデン人の名前は覚えにくい。  


Posted by 北のフクロウ at 14:18Comments(0)読書

2017年08月28日

コールドロード T.ジェファーソン・パーカー著 早川書房

 「サイレント・ジョー」の作者が別の警官の関与する殺人事件を小説にした。
 今回も2家族の因縁の歴史が背景にあり、殺された老実業家と警官家族とは祖父、父親世代で犯罪事件が起きている。
 警官自身もその実業家の孫娘と18歳の若い頃に恋愛事件を起こし、祖父にその仲を裂かれている。
 そんな因縁のある家族で、殺人事件の被害者と担当刑事という関係となる。当然関係者で、長く会わなかった孫娘とも再会する。
 お互い結婚し、刑事の方は離婚までしている。
 殺人の容疑者となっている老実業家の看護師と刑事がロマンチックな関係になる。
 国境をまたぐ犯罪組織の内紛が殺人の原因とも思われるが、実は意外な所に犯人がいて・・・・・、と単純なミステリーではない。
 人間関係を濃密に描く所が、この作者の特徴であるが、この作品でも刑事の元妻、子供、元愛人の孫娘、相棒、父親などキャラクターが細かく描かれている。
 最後がハッピーエンドに終わる所が救いである。






  


Posted by 北のフクロウ at 10:35Comments(0)読書

2017年08月24日

バッド・カンパニー 深町秋生著 集英社

図書館で新刊コーナーで目に付いたので借りてみた。
 この作者は知らなかったが、2004年に「果てしなき渇き」という作品で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した作家ということで、犯罪小説を得意としている作家のようだ。
 「バッド・カンパニー」も人材派遣会社を装って、うらでかなり危険な請負をする会社「NASヒューマンサービス」(NASは野宮オールウエイズセキュリティの略で、社長は野宮綾子というやり手である。)
 その会社が手がける事件が7つほどの短編にまとめられている。いずれも暴力団が絡むようなヤバイ仕事であり、ひと癖もふた癖もある部下が活躍して解決する。
 シリーズであるからどんなに危険な場面になっても安心して読め、よい時間つぶしになった。
  


Posted by 北のフクロウ at 11:27Comments(0)読書

2017年08月24日

シャドウ・ストーカー J.ディーヴァー著 文芸春秋

 下半身麻痺の科学捜査官リンカーン・ライムシリーズで脇役として登場していたキネシクスの専門家キャサリン・ダンス捜査官を主人公とする犯罪小説。ここでは人気歌手ケイリーのストーカー事件をキネシクスと科学捜査により、見事に解決する。犯罪解決には科学捜査ばかりではないということを主人公を替えて、示したものといえるかもしれない。
  ケーリーの作詞、作曲した曲が重要な舞台回しになっていて、殺人事件が暗示され、実行される。
  犯人はストーカーなのか、それとも別人なのか、読んでからのお楽しみである。
  リンカーン・クライムに飽きた読者には一服の清涼効果のある作品となっている。
  キャサリン・ダンスシリーズは3作目とあるから、作者が気に入っているキャラクターのようである。彼女のロマンスの行方も木になるところである。次作も期待しよう。  


Posted by 北のフクロウ at 11:08Comments(0)読書

2017年08月24日

LIMIT フランク・シェッツイング著 早川書房

 「深海のYrr」の著者が今回は2025年の近未来小説を手がけたが、テーマは月にヘリウム3の資源が見つかり、いち早くそれを核融合技術によりエネルギー化した社会ということで、恐らく2050年になっても実現しないであろう空想科学小説的なテーマである。しかし新エネルギーを巡る社会の動きは2025年においても起こりうると思われる米中の対立、ロシアの絡み、アフリカ新興国の政治情勢など現実にあり得る出来事が織り込まれている。
 シェッツリングの小説は様々な場面が最初脈絡も無く同時並行的に進行しながら、最後に見事に融合して完結するという手法をとるため、呼んでいて根気がいる。無駄と思われる記述も多い。
 犯人探しのミステリーとして読むと、意外な所に犯人がいて、どんでん返しが用意されていて、凝った趣向である。
 4冊の文庫本であるが、ジュームズ・ロリングであれば、2冊にまとめられるような内容であり、もっとスリルとサスペンスに富んだ小説に仕上げたろう。饒舌とも思われる記述の中に、知識と現代の世界情勢に対する深い洞察力が秘められていて、それはそれで興味深い。
 それはYrrで示した地球温暖化による環境破壊に対する知識と考察力に共通する。
 夏休みの読書としては読みごたえのあるミステリーであった。  


Posted by 北のフクロウ at 10:54Comments(0)読書

2017年08月13日

ソウル・コレクター ジェフリー・ディーヴァー著 文芸春秋

 下半身麻痺の科学捜査官リンカーン・ライムの活躍するシリーズ第8作目。 
 この作品では情報を駆使するとまったく無罪の任全を有罪に出来るという怖い話が起こる。
 たまたまリンカーン・ライムの従兄弟が犯人に仕立て上げられたことのより、リンカーン・ライムが事件解決に立ち向かうことになった。
 国民に16桁の固有番号をふり、その番号を検索すると、経歴、性格、買い物記録、交友関係、家族関係などあらゆる情報がえられる社会が現実のものになってきている(社会保険番号、国民個人番号などがその類のものであろう)。それを悪用するととんでもない犯罪が成立する。
 この小説はそんな恐ろしい社会が現実になってきていることを感じさせる。  


Posted by 北のフクロウ at 10:36Comments(0)読書

2017年08月13日

心理学的にありえない アダム・ファウラー著 文芸春秋

 著者は「数学的にありえない」という作品を書いたが、今回は心理学に手を伸ばした。
 人の心を捜査できる超能力者というものが世の中にはいるようである。
 その能力を駆使すると、いろいろなことが出来る。
 キリスト教にはカソリックのほかに原始キリスト教ともいうべき教義が存在する。グノーシス派などが代表的なものであるが、ローマ時代に宗教論争があり、異端として排除された。ここでも謎の宗教家が登場してローマカソリックの殲滅を図る。それを阻止するのがこの超能力者たちである。そのような超能力が心理学的にありうるかどうかだが、もし存在するとしたら、恐ろしいことである。
 歴史上の人物、たとえばヒトラーなどそうであったかもしれない。  


Posted by 北のフクロウ at 10:21Comments(0)読書

2017年07月24日

イブの迷宮 ジェームズ・ロリング著 竹書房

 シグマシリーズの最新作。
 今回のテーマは人類がいかに知性を獲得したのか、その大躍進の景気はどこに起源があるのか、という大きなテーマを持っている。
 結論を言えば、ホモサピエンスとネアンデルタール人、あるいは他の類人との交雑による雑種強勢があったのではないかという仮説に基づいている。人類の遺伝子の中にはネアンデルタール人の遺伝子の痕跡があるという。
 ここでも中国が悪者になっているが、サイバー攻撃など国家的な戦略として採っているように思われる。
 アトランティック大陸が今の南アメリカであるという仮説もジュームズ・ロリンズの大胆な説であり、小説としては面白い。
 太陽と地球と月の関係についての不思議はそのとおりであるが、37、366、73の数字の不思議は指摘されると不思議の思う。
 天文学者は同説明するのであろうか。  


Posted by 北のフクロウ at 22:08Comments(0)読書

2017年07月24日

ウォッチメイカー ジェフリー・ディーバー著 文芸春秋

 半身不随の鑑識の天才が事件解決をするシリーズの7作目だという。私は始めて読んだが、主人公が元ニューヨーク市警科学捜査部長で、事故で脊髄損傷し、今は捜査顧問となっている。
 今回の事件はウォッチメーカーと呼ばれる犯人が殺人事件を冒したように見えて、実はそうではなかった、という二転三転する複雑さで、結局ウォッチメーカーには逃げられてしまう。
 この二転三転する事件の展開には最後まで息をつかせない。作者の推理作家の面目躍如といったところ。
 この事件の解決に役立っているのは、キネシクスといわれる証人や容疑者のボディランゲージや言葉遣いを観察し、分析する科学のエキスパートが活躍する。
 ここで思い至るのは、今回の閉会時審査の加計学園の獣医学部戦略特区問題である。
 前川前事務次官と、和泉首相補佐官のやりとりは、言ったいわないの水掛け論であるが、ここにキネシクスのエキスパートがいて、どちらが嘘を言っているかの判定を的確にしていたならば、無駄な審議をしないでもすむのではないかと思う。
 もっといえば、嘘発見器を装着して、質疑をすれば白黒決着が付くのではないか。記憶に無いかどうかはそれで、随分はっきりするのではないか。  


Posted by 北のフクロウ at 21:50Comments(0)読書

2017年07月08日

札幌交響楽団第601回定期演奏会

前回の定期演奏会は600回で、モーツアルトの3大交響曲39,40,41番のオーソドックスなプログラムをポンマーさんが指揮をした。
 今回はキタラ開館20周年で、こけら落としとオープニングコンサートを指揮した秋山和慶さんが指揮をした。
 チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を神尾真由子さんがソリストで演奏した。
 後半はショスタコービッチの交響曲第5番
 この演奏者とプログラムが人気を呼んだのか、金曜日の定期としてはビックリするほどの集客で、演奏者もさぞかし演奏のし甲斐があったことだろう。神尾さんのヴァイオリンは低音がヴァイオリンとは思えないほどの迫力があった。楽器はストラデバリウスのルビノフだという。楽器のためばかりでもなかろうが、演奏者によってかくも楽曲の印象が違うものかと思う。
 ショスタコービッチの5番は彼の15曲の交響曲のうちでは1番ポピュラーではないかと思う。あまり好きな作曲家ではないがこの曲は好きなほうである。前に尾高さんの指揮で聴いたが、秋山さんの指揮の方が自然で、こちらの方が私の好みにあう。どちらも演奏は緊迫感を持っていて、札響の得意のレパートリーの一つであることは間違いない。  


Posted by 北のフクロウ at 08:56Comments(0)音楽

2017年07月08日

大地のショパン 札響名曲シリーズ

 6月24日(土)キタラ
 円光寺雅彦指揮で、ピアノソロに遠藤郁子を迎え、ショパンのピアノ協奏曲第1番、ほかにドボルザークの序曲「謝肉祭」、
 ムソルグスキーの交響詩「禿山の一夜」、ハチャトリアンバレー音楽「ガイーヌ」、ボロディン「イーゴリ公」より「韃靼人の踊り」など
バライティに富んだプログラムであった。
 圧巻は遠藤郁子のピアノ。ダイナミックで繊細なショパンを演奏した。彼女の出演のためか、会場は今までに見たことのないような、盛況であった。いつも名曲シリーズはお客の入りが良いが、今回はさらに大盛況であったように思う。  


Posted by 北のフクロウ at 08:38Comments(0)音楽